ジョジョの奇妙な冒険に記された「9.11」の謎

国民的人気を誇る漫画、

「ジョジョの奇妙な冒険」。

 

この第3部に、

 

なんとあの「9.11同時多発テロ事件」を

連想させるものがあるという。

 

問題の場面は第20巻の、

「オインゴとボインゴ」の話。

 

その中で、

 

『男は首が電柱に突き刺さって

死んでしまいましたー。』

 

のページの、

 

電柱に突き刺さって

死んでいる男の服に、

 

『911』

 

の文字が描かれている。

 

その背後では、

不気味に笑う飛行機と、

 

イスラムシンボルである

「月」が描かれている。

 

男が死んだ時間(午前10時30分)は、

 

貿易センタービルが倒壊した

時間と一致する。

 

さらに、それがよりによって

 

「予言のスタンド」に載っている

という奇妙な偶然。

 

「911」は元々、

 

アメリカではレスキューを

呼ぶ時に使う番号なので、

 

それが頭の中にインスピレーションとして

入ってきたとも言えるが、

 

なぜその数字にしようと思ったのか。

 

よくある(ROUTE)66とか、

単純に1とかでも良かったと思うが、

 

無意識からやってきた

予言的なインスピレーション、

 

と言えるのではないだろうか。

 

また、午前10時30分なのに、

月が描かれている点も不自然。

 

あの事件が起こったがために、

 

それまで何気なしに読まれていたページが

注目を浴びる結果となったが、

 

荒木飛呂彦(作者)は無意識のうちに、

あの事件を予言していたというのだろうか。

 

確かにジョジョは、

 

奇妙な偶然や運命が主人公の

ターニングポイントになる漫画であるが・・・。

 

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ