重なり続ける同じ夢の世界

階段

 

ある晩、私はいつものように

ベッドに横たわっていた。

 

うつらうつら・・・眠りへと入っていく

夢か現かの境目、

 

突然、私の体に緊張が走る。

 

金縛りかな?と、

まだ寝呆けた頭で考える。

 

私にとって金縛りになるのは

日常茶飯事なことなので、

 

これといって焦りも何も無い。

 

金縛りといっても、

 

ほとんど体が動かなくなるだけで、

特に霊的なものが見えるわけではない。

 

そういう場合は身体的な疲れから

来るものだと思う。

 

だからその夜もいつものように、

金縛りに遭った状態のまま寝てしまおうと。

 

・・・が。

 

トン。トン。トン。トン。

 

誰かが階段を上ってくる音がしなかったか?

 

私の一人暮らしの部屋は2階だけれど、

 

玄関は1階にあり、

そこから2階へ続く階段がある。

 

その階段を誰かが上がる音が聞こえた。

 

トン。トン。トン。

 

まただ。

 

鍵はオートロック。

 

今、アパートに私以外の誰かが

いるはずがない。

 

体は依然として動かない。

 

どうしよう。

 

怖い。

 

足音は近づく。

 

トン。・・・

 

階段を上り終えたのだろうか。

 

階段から部屋までは、

3メートルほどの廊下が続く。

 

近い!

 

何とか体が動かないかと、

全身に力を入れる。

 

すると、手が動いた。

 

電気!

 

ベッドの脇にあるスイッチを、

暗闇の中で探る。

 

ダダダダダダッ!

 

奴が駆け出した!

 

パチッ。

 

電気を点けた瞬間、

目も覚めた。

 

・・・ん?

 

あ、今のは夢だ・・・

 

うなされていたのか、

汗がひどい。

 

やけにリアルな夢だったなと思った。

 

消したはずの部屋の明かりは点いていた。

 

眠りながら点けてしまったらしい。

 

まだ朝まで時間がある。

 

眠ろう・・・

 

少しして眠りに入ろうとした瞬間、

金縛りに遭った。

 

さっきの夢と同じだ。

 

少しばかりの緊張が走る。

 

まさか・・・

 

トン。トン。トン。トン。トン。

 

その音に寒気を覚えた。

 

音の主は階段を上り終える。

 

もちろん私以外の誰かが

いるはずはない。

 

ダダダッ!

 

私の部屋までの3メートルを、

駆けて来る音がする。

 

さっきの夢のように覚めることのない現実。

 

体も動かない。

 

どうしよう。

 

怖い怖い・・・

 

ドン!ドン!ドン!!

 

部屋の扉を叩く音がした。

 

と、金縛りが解ける。

 

パチッ。

 

同時に目が覚めた。

 

今のは夢だ・・・

 

うなされていたのか、

汗がひどい。

 

それにしても、

やけにリアルな夢だった。

 

気味が悪い。

 

夢の中で夢を見ていたのか。

 

ふと横に目をやると、

誰かが私の隣に横たわっている!

 

「ひろ・・・」

 

そうだ。

 

今夜は友人のひろが、

泊りに来ていたんだった。

 

一人じゃないことに安堵してしまった。

 

たかが夢に、

何をそんなに怯えているんだろう私は。

 

再び眠りにつこうとした。

 

すると、

ひろがくっ付いてくる。

 

寝呆けているのかなと思いながら、

頭を撫でてみる。

 

ひろの頭の温かさが、

私に心地の良い眠気を与えた。

 

その瞬間、

体が動かなくなる。

 

また!?

 

トン。トン。トン。トン。

 

階段を上る音がする。

 

ダダダッ!

 

廊下を駆けて来る音がする。

 

ドン!ドン!ドン!!

 

部屋の扉を叩く音がする。

 

次は何だ・・・

もうダメだ・・・

 

恐怖が体中を支配する。

 

金縛りは解けない。

 

でも、夢と違う事実が一つ。

 

今、私は一人じゃない。

 

ひろが隣に寝ている。

 

大丈夫。

 

ひろがいるから。

 

ひろはいない・・・

 

ひろがいるはずがない。

 

ひろは初めから泊りになんか来ていないと、

この時、唐突に気付く。

 

何故、ひろが泊りに来ていると

思ったんだろうか。

 

今、確実に私の左手に感じる温もりは

何なんだろう。

 

ガチャッ!!

 

音の主が部屋に侵入した瞬間、

金縛りが解けた。

 

と同時に目が覚めた。

 

恐ろしい夢を見てしまった。

 

うなされていたのか、

汗がひどい。

 

それにしても、

やけにリアルな夢だなと思った。

 

その時、

冷え性の私の左手だけ温かかった。

 

消して寝たはずの明かりが点いていた。

 

これが何を意味しているのか、

私には分からない。

 

翌日、

私は大学でひろにその話をした。

 

「良かったね。目が覚めて」

 

「そうだね。

起きれなかったかも知れないね」

 

箱の中に箱があって、

その箱の中に箱があるというように、

 

夢の中の夢の中の夢に、

私がいたのだとしたら。

 

一つ一つの夢を順序立てて

覚ましていかなければ、

 

私は一生、現実に辿り着く事なく、

夢から出られなかったのかも知れない。

 

ひろが言った。

 

「実はこれも夢なんだよ?」

 

私たちは笑った。

 

内心、私はビクッとした。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ