自殺の名所と言われた団地

団地 高島平

 

私の叔父が学生の頃に体験した話です。

 

東京の高島平にある、

 

自殺の名所と言われる団地に

友達と遊びに行った時、

 

その屋上に登ったそうです。

 

叔父は、ふっと下を見ました。

 

すると、

 

そこの建物をぐるっと囲むように

人々が立っていたそうです。

 

・・・手招きをしながら。

 

そして、ゆっくりと上へ

昇って来たそうです。

 

叔父は人々の顔が近づいて来た時に

気付きました。

 

顔が、無かったんです。

 

のっぺらぼうなんだそうです。

 

飛び降り自殺した人達の。

 

私としては、

 

モタ男みたいな顔をしているのだろうと

勝手に予想していたのですが・・・

 

※モタ男

バイクで事故に遭ったと思われる男性の顔面が崩れてしまっている画像。 掲示板に投稿された題名がモーターサイクル男だった事からモタ男と呼ばれるようになった。

モタ男(画像) ※グロ画像のため閲覧に注意してください

 

「何してんだよお前!」

 

という友達の声で気が付いた時には、

叔父は本当に危ない体勢だったとの話。

 

もし、一人で来ていたら・・・

もし、声を掛けるのが遅かったら・・・

 

と思うとゾッとします。

 

「絶対に心霊スポットのような、

いわくのある場所には行くな」

 

と、叔父にも父にも釘を刺されているので、

おそらく実話です。

 

ちなみに父は、

 

『一つ目の丸い変な物体』に、

金縛りを掛けられた事があるそうです。

 

そういう家系なのかな・・・

でも私は全然見えないんですよね。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ