殺してくれないか!

 

ある日のこと。

 

教会に来る信者さんで、

 

ホームヘルパーの仕事をしている

田中さん(男・仮名)に、

 

「一緒に行ってほしい家がある」

 

と頼まれた。

 

老人の一人暮らしなのだが、

どうにも薄気味悪く、

 

一人だと神経が参ってしまうらしい。

 

親父に一応相談すると、

 

「行ってあげなさい」

 

と言われたので、

 

お礼のガストでステーキに釣られて、

手伝いに行った。

 

ご老人は80歳くらいの

おじいさんで、

 

古い県営の住宅の4階に、

一人で暮らしていた。

 

(表記は501号室)

 

田中さんの話では、

 

県営マンションが出来た時から、

ここで暮らしているらしい。

 

県営マンションのほとんどは空き部屋。

 

正面に同じくらいの大きさの、

 

綺麗なマンションが建っている

ところを見ると、

 

順番に取り壊して新しいのを建てる

計画があるのだろうと、

 

何も知らない俺でも想像出来た。

 

エレベーターで4階に移動して

501号室に向かうと、

 

奥の部屋の半開きのドアが

バタンと閉まった。

 

空き部屋だらけだと思っていたが、

わりと人が住んでいるんだなと思った。

 

・・・が、

 

田中さんはそのドアの閉まった、

部屋の前で止まった。

 

そして、

書類ケースから鍵を取り出し、

 

チャイムも鳴らさず

鍵を開けて、

 

「おじいちゃーん」

 

と元気良く部屋に入っていった。

 

部屋の中には、

おじいさんが一人で寝ていた。

 

昼間なのにカーテンを閉め切って、

 

真っ暗な部屋の中は、

汚物の臭いで充満していた。

 

田中さんは慣れた手つきで

窓を全開にして、

 

換気扇を回すように

僕に指示した。

 

「おじいちゃーん」

 

と大きな声を出しながら

布団を捲り上げると、

 

中からハエが数匹飛び出した。

 

おじいさんは「あうあう」

と言った声を出して、

 

田中さんに応えている。

 

田中さんはおじいさんの下の世話を

手際よく片付けると、

 

上手く寝返りさせて、

シーツをするりと抜き出した。

 

まとめて大きなビニール袋に入れると、

 

「替えのパジャマとシーツを

車に取りに行って来るよ」

 

と言って、

部屋を出て行った。

 

俺はおじいさんに話しかけることで、

 

このなんとも言えない

やりきれない思いを拭おうと、

 

おじいさんの傍に近づいて、

 

「おじいちゃん!

はじめまして!」

 

と大きな声で話しかけた。

 

すると、

 

驚くことにおじいちゃんは

はっきりとした口調で、

 

「殺してくれないか!」

 

と訴えてきた。

 

その声のトーンは、

 

「あうあう」と言っていた

おじいさんの声ではなく、

 

50才くらいの立派な男の人の

低くて太い声だった。

 

俺はびっくりしてしまって、

ただ立ち尽くしていた。

 

すると、田中さんが走って

息を切らせて帰ってきた。

 

汗びっしょりの田中さんに、

 

「どうしましたか?」

 

と聞くと、

 

「なんでもない、

なんでもない」

 

と答えるだけだった。

 

その後は、

 

新しいシーツを敷き、

パジャマを着替えさせて、

 

ご飯を食べさせて、

帰る事になった。

 

帰り際に、

 

体を拭くタオルや雑巾といった

小物類を台所で洗って、

 

ベランダに干して帰った。

 

「さようなら!」

 

と大きな声で挨拶すると、

おじいさんは「あうあう」と答えた。

 

ガストでステーキをご馳走になりながら、

田中さんと話をした。

 

少し迷ったが、

 

田中さんが口を開く

きっかけになればと、

 

おじいさんが『殺してくれないか』

と言ったことを話してみた。

 

すると堰を切ったように、

 

あの部屋で色んな不思議な

ことが起こると話し始めた。

 

やはりキリストの教えを疑うようで、

俺に話していいか迷っていたらしい。

 

本当は親父に相談したかったが、

 

とりあえず俺に体験させることで、

ワンクッション入れようと考えたようだ。

 

田中さんが見る現象で

最も頻繁なのが、

 

おじいさんがマンションから飛び降りている

ところが見えることらしい。

 

マンションの外から

おじいさんの部屋を見ると、

 

おじいさんが飛び降り自殺を

しているのだ!

 

駆けつけると下に死体はなく、

 

部屋に入るとおじいさんは

寝ているらしい。

 

この現象は、

 

田中さんの前任者、その前の前任者、

ホームヘルパーの主任さんと、

 

沢山の人が見ているらしい。

 

そして、

目撃者はご近所にも渡り、

 

今やこの県営マンションが

ほとんど空き部屋状態。

 

近所でも噂になっているという。

 

教会に帰って、

この話を親父にすると、

 

「死にたがっている生霊、

というわけだな・・・」

 

と答えた。

 

「どうしたらいいと思う?」

 

と親父に尋ねてみた。

 

「どうしようもないだろう。

 

願いを叶えてあげるわけには

いかないのだから」

 

俺はなんとも言えないせつなさと

怖さを感じていた。

 

もし、おじいさんが

老衰で亡くなっても、

 

生霊は本当の霊となって

消えないのではないだろうか?

 

時間にプライドと羞恥心は破壊され、

 

何も出来なくなって、

 

なおも孤独に生き続けることを

常識に強要されている。

 

悲しい人間のぶつける場所すらない

怒りと怨みは、

 

どんな『負』を作り出して

いくのだろう・・・

 

そして今は高齢化社会。

 

我々の未来は『負』を避ける

術を持たない。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ