正真正銘の曰く付きの団地に突撃した結果

団地

 

これは、俺が高校2年生の頃に体験した話。

 

俺は某県N市に住んでいて、その頃よくツレと二人で心霊スポットに突撃して武勇伝を他のツレに話す、といったような事をよくやっていた。

 

周りの「よくそんなとこに二人で行けるな」とか、「お前ら凄げぇわ」と言われるのが気持ち良くて、新しく心霊スポットの情報を仕入れては自転車で行ったり、先輩の車で連れて行ってもらったり、終電で現地に向かって朝になってから帰ってくるなんてのも珍しくなかった。

 

それでも何か起こるわけでもなかったので、周りも俺達も少しマンネリ気味だった。

 

そんな折にツレ(以下、Y)が、嬉しそうな顔で俺のところにやって来て話し始めた。

 

こんな顔をする時は、決まって新しい心霊スポットの情報を仕入れてきたに決まっている。

スポンサーリンク

行った後では手遅れだった

「おい、凄げぇ情報仕入れたぞ!上物だ上物」

 

「そう言ってまた噂話程度の場所じゃねぇのか?この間の・・・」

 

そこでYが俺の話を遮って言った。

 

「N団地!」

 

俺は一瞬で顔が引きつった。

 

そこは数年前に主婦が飛び降り自殺をしたと噂されていた団地だが、1年前に受験ノイローゼになって高校生が自殺し、さらに今年女子中学生が自殺した。

 

言うなれば、正真正銘の曰く付きの団地だった。

 

今まで突撃してきた場所は、ヤバいヤバいと言われてても所詮は噂レベルや有名なだけで、実際に行ってみるとただボロいだけや暗いだけの印象しかなく、だからこそ余裕で突撃できた。

 

だが、3人、少なくとも2人は実際に死んでいる場所はやけに生々しく、俺は尻込みをしていた。

 

「ビビってんだろ(笑)」

 

俺を見透かしたように、Yはニヤニヤしながらこっちを見ていたが、そこは本当に不気味だった。

 

俺は結局ヘタレ扱いされるのが悔しくて、Yに「ばーか、余裕だわ」なんて言って突撃が決行された。

 

今思うのだが、雰囲気というのは場所や建物のボロさではなく、自分の感性が作るのだなとつくづく思う。

 

その団地は、特にボロいわけでも真っ暗なわけでもなく、ありふれた普通の団地だった。

 

だが、俺はここで何十人も死んだと言われてもおかしくないくらいの不気味な雰囲気を感じていた。

 

Yの横顔を見ると、もしかすると同じ事を考えているのか、そんな顔をしていた。

 

そんな俺の考えを察したのだろう。

 

「なんだ、思ったより普通じゃんか。ちゃっちゃと済ましちまおうぜ」

 

なんて言いながら団地に入って行く。

 

自殺の現場はおそらく屋上なんだろうが、さすがに屋上は入れなかった。

 

仕方なく団地をウロウロしていると、「お前、好きな奴いるか?俺はこの前のコンパで1人喰ったぞ」、なんて話をYはしていた。

 

Yが心霊スポットに突撃するのは、周りのツレに自慢する事も勿論なのだが、一番はコンパで女を話に食いつかせる為にしている。

 

「どうせまた心霊スポットの話で釣ったんだろ。不謹慎な奴だな」

 

「ばーか(笑)そんなんヤレればい・・・」

 

Yは話をいきなり中断して、顔色をみるみるうちに変えていく。

 

俺もそれに反応して、Yが見ている方を恐る恐る見る。

 

・・・・・・

 

「嘘ぴーん、ガチャピンムック!」

 

その日は結局、何も起きる事はなかった。

 

二人で「大したことねぇな」と言いながら帰ったのを良く覚えている。

 

だが、Yの生きている姿を見たのはこの時が最後だった。

 

次の日、Yは学校に来なかった。

 

スポット突撃は夜中から明け方まで続くので、決行した次の日に休むのは良くある事だった。

 

しかし、Yは次の日もその次の日も来なかった。

 

携帯に電話してもメールしても返信が無い。

 

おかしいなと思いつつも次の日が土曜日で休みだったので、土曜日に会いに行こう、その程度に考えていた。

 

ふと気が付くと、俺は屋上に立っていた。

 

団地の屋上は遮る物が殆ど無く、強い風邪が「落ちろ落ちろ」と誘っているようだった。

 

足は一歩、また一歩と柵へと向かう。

 

越え難くもなんともない、申し訳程度の柵を越えて団地の屋上の縁に立つ。

 

その風景は現実ではないような風景で、いきなり見知らぬ外国にポイッと放り込まれたようだった。

 

足はそんな考えも無視して、団地の縁から足をまた一歩前に踏み出す。

 

フワッと身体が浮いたかと思うと、物凄い速さで地面が迫る。

 

何階以上から飛び降りれば意識を失うとか痛みが無いなんて話を聞いたが、あれは多分嘘だ。

 

飛び降りた人はこうやって最期まで自分が落ちて行くところを、恐怖と絶望を噛みしめながら死んでいく。

 

グチャッ。

 

俺はベッドから飛び起きた。

 

物凄い汗をかいていて、喉もカラカラだった。

 

あまりにリアルな夢に、恐怖で身体が少し震えている。

 

まだ夜らしい。

 

少し落ち着きを取り戻しつつあった。

 

ドチャッ。

 

自分の部屋の入り口の方から、凄い音が聞こえた。

 

いつもなら何の音かわからずビックリしていただろうが、今は何となく分かる。

 

飛び降りた人の音だ。

 

見てはいけないと本能が言っているのに、なぜか自然と音の鳴った方を見てしまう。

 

不自然に首が身体の下敷きになっていて、腕が1本曲がってはいけない方に曲がっている『人間みたいなもの』がそこにあった。

 

首は下敷きになっているのに、ピクピクと動きながら少しずつこっちに這いずってくる。

 

目を瞑って「消えてくれ!消えてくれ!」と何度も願う。

 

ペチャとかズルッとか湿った音をさせながら、少しずつ少しずつ俺のいるベッドに近付いてくる。

 

俺は恐怖でピクリとも動けなかった。

 

ベッドの段差の死角に入り、その人間みたいなものは見えなくなった。

 

だが、ベッドの下で湿った音がしているので、まだそこにいる。

 

バンッ。

 

いきなりベッドの縁に手が掴みかかった。

 

もう俺はかなり追い込まれていたと思う。

 

ベッドを掴んだ手に、力が入るのが分かる。

 

ゆっくりと、ゆっくりと、その人間みたいなものの顔が視界に入る。

 

ちょうど首を真横に傾げるような角度で顔が見えた。

 

顔は半分血まみれだったが、もう半分は綺麗だった。

 

その顔はYだった。

 

パニックで俺は意識を失った。

 

気が付くと朝だった。

 

夢だよな、と何回も自分に言い聞かせた。

 

しかし、あまりにリアルな記憶が、「多分夢じゃない」という事を俺に理解させていた。

 

そんな事を考えていた時だった。

 

母が血相を変えて俺の部屋に飛び込んできた。

 

その時に、Yが自殺したのを俺は知らされた。

 

俺は、見てないが知っている。

 

Yは飛び降りたんだ。

 

Yは顔から落ちて顔半分を潰して、腕も片方折れて苦しそうな顔をしながら死んだ。

 

俺はお通夜の時も葬式の時も悲しくなかった。

 

ただただ怖かった。

 

棺からYが、またペチャとかズルッとか音を出しながら俺の方に這いずって来そうで気が狂いそうだった。

 

そんな俺を、母も友達もYの両親も、俺がYが死んでショックを受けていると思ったのだろう、凄く気にかけてくれた。

 

Yの両親は最後に、「Yと沢山遊んでくれてありがとう。Yの分までしっかり生きてくれ」と言ってくれた。

 

だが、俺はもう怖くて怖くて、Yの両親の顔も見れなかった。

 

俺にはYの両親の顔が半分潰れて不自然に曲がっている様にしか見えなかった。

 

最後に・・・

 

絶対にふざけて行ってはいけない場所がある。

 

ほとんどの場所は、何も起こらないし何も出ないだろう。

 

でも、行ってはいけない場所に行った後では”手遅れ”なんだ。

 

毎晩のように現れるYを見ながら、今日も俺はYの成仏を願う。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ