下に居るあいつらが呼ぶから

マンション

 

バイト先の同僚が霊感のある奴だった。

 

シフトが同じで仕事明けにいつも一緒に帰っていたが、あるテナントビルの前を通る度にいつも嫌がっていた。

 

なんでも、そのビルの前には複数の霊が佇んでいるとか。

 

俺は霊感なんて無いから分からないが、その同僚いわく、幽霊といっても別に透明だったり足が無かったりはないらしい。

 

そこにいる霊はごく普通の男女数人で、それぞれ別な方向を向いて無言で立っているとか。

 

ある時、同僚はそのビルの前で突然立ち止まって上をジッと見上げた。

 

「どうした?」と訊くと、そこにいつも居る霊がみんな上を見上げているという。

 

しばらく二人で上を見ていたら、屋上に人陰が見えた。

 

同僚が「おーい!」と声を掛けると、制服を着た学生が逃げていった。

 

「あれ多分、自殺するところだったんだよ」

 

そう同僚は言った。

 

「ビルの屋上なんて、カギ掛けて管理してるだろうに、なんで学生が入れるんだろうね?」と話していると、同僚は「下に居るあいつらが呼ぶから」と言って笑った。

 

それからしばらくして、シフトが変わったこともあって、その同僚とは一緒に帰ることもなくなった。

 

2年ほど経った頃、俺は既にバイトを辞めていて、久しぶりに元バイト先へ遊びに行った。

 

そしたら、その元同僚が「あのビルの屋上から飛び降り自殺した」と聞かされた。

 

今頃、あのビルの下に佇んでいるのかも知れない。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ