ずっと一緒と約束した親友との突然の別れ

CD

 

一人暮らしを始めた時の話。

 

とにかく暗闇と無音が怖くて、

 

寝る時は明かりと音楽を

いつもつけていました。

 

リップスライムが好きだった私は、

 

幼馴染の親友が引っ越し祝いにくれた

リップスライムのアルバムを、

 

寝る時にいつも聴いていました。

 

しばらくして、

 

一人でのアパート暮らしにも慣れ、

明かりと音楽なしでも寝られるようになり、

 

もらったCDもコンポの中に

入れっぱなしにしたままで、

 

いつのまにかあまり

聴かなくなっていました。

 

そして、

そのまま半年ほど経った頃。

 

ある日、その幼馴染と一緒に

遊ぶ約束をしていたので、

 

私は部屋で待っていました。

 

なんとなく窓の下を見ると、

 

ちょうど彼女がアパートの前の道を

歩いているところで、

 

立ち止まってこちらを見上げて

手を振ってきました。

 

それに気づいた私も手を振って

微笑みかけようとした瞬間、

 

彼女の後ろから猛スピードで

車が近づいて来て、

 

こちらを見上げて手を挙げたままの彼女を

跳ね飛ばしました。

 

手を挙げた格好のまま、

スローモーションのように宙を舞う彼女・・・

 

あぶない!!

と思う暇もありませんでした。

 

そのまま動かなくなった彼女は、

呆気なく死んでしまいました。

 

まだ18歳でした。

 

たぶんこれから色々やりたい事も

あったでしょう。

 

希望の大学へ入るために、

必死になって受験勉強をして、

 

やっとこれから好きなことが出来るねって

話していたのに・・・

 

ずっと一緒に遊ぼうねって

話していたのに・・・

 

あの日、駅まで迎えに行っていれば

事故に遭わなかったかも・・・

 

うちで遊ぶ約束をしなければ、

死ぬ事も無かったかも・・・

 

などと考えては、

私は自分を責め続けました。

 

永久に悔やんでいても、

仕方のないことは分かっていました。

 

もう早いもので、

明日には一周忌の法事になります。

 

これを期に、

前向きに生きてみようかと思っています。

 

あまり触っていなかったのですが、

昨日からコンポの調子がおかしいのです。

 

どこかがくるってしまった様で、

 

スイッチを入れてもいないのに、

CDの曲が流れ始めるのです。

 

かなり驚きましたが、

 

リップスライムの曲が流れると、

懐かしい感じがします。

 

壊れているからか、

なんだか曲のラップの箇所で、

 

今まで入っていなかったような声が

聴こえるような気もします。

 

なんでしょうね。

 

なんと言っているのだか・・・

 

「ひとりに・・・・・いで」

 

よく聴き取れません。

 

明日は早いのでそろそろ寝ます。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ