こっくりさんを楽しんでから十年後

こっくりさん

 

友達から聞いた話。

 

ある二人の女生徒が、

学校でこっくりさんをしていた。

 

女生徒達はわいわい騒ぎながら

こっくりさんを楽しんでいたが、

 

一人が塾に行かなくてはならなく、

やめることに。

 

「こっくりさん、こっくりさん、

終わってもよろしいですか?」

 

そして示されたのは・・・

 

『いいえ』

 

怖くなった二人は

急いでその教室から飛び出し、

 

家へと帰ったそうだ。

 

そして十年後。

 

一人はあの時のことをすっかり忘れ、

 

結婚して子供も生んで、

幸せな家庭を築いていた。

 

そしてある日、

 

娘が文字を教えてほしいと頼んできたので、

あいうえお表を買って教えたが、

 

突然、娘がひきつけを起こしたように

白目をむいて、

 

うつ伏せに倒れたのだ。

 

慌ててうろたえていた親だが、

 

ひきつけを起こした時は

見守るのが良い・・・

 

と、どこかで聞いたことがあったので、

じっと見守ることに。

 

すると、

 

娘はあいうえお表の上で

指を動かし始めた。

 

その指が示した文字・・・

 

『まだおわってないよ』

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ