怖い夢から目覚めたはずなのに

布団

 

俺の周りを、

仲の良い友達や先輩が囲んでいる。

 

その中で目を覚ます俺。

 

古い付き合いの先輩と目が合い、

どうしたんですか?と訊いたら、

 

どうも様子がおかしい。

 

しばらく見ていたら、

先輩が一言。

 

「・・・お前の名前、何だったっけ?」

 

「それはあんまりでしょう。俺は・・・」

 

と言ったところで、

自分の名前が思い出せない。

 

先輩も困っている。

 

周りを見たら、

友達も困っている。

 

みんなが俺の名前を思い出せなかったんだと

気付いた瞬間、

 

絶望感と恐怖感が一気に襲ってきて、

本当に目が覚めた。

 

隣にいる妻が目を覚ましたので、

俺が夢の話をしようとしたら・・・

 

「どうしたん?えっと・・・。

あ、ごめん。忘れちゃった」

 

と言った。

 

妻が何を忘れたかは訊かなかったが、

もし俺の名前を忘れていたとしたら・・・

 

夢の中での出来事が、

現実でもそのまま続いてるような感じで、

 

俺的には凄く怖かった。

 

今夜は寝るのが怖い・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ