治験で起きてしまった惨事

注射器

 

治験というものをご存知ですか?

 

製薬会社が新しい薬を作り、

 

そのテストとして健康な人間に

投与してみる事です。

 

要は人体実験です。

 

ただその前には

ウサギやら猿に投与してみて、

 

大丈夫だったら何百分の一の量を

人間で試すという。

 

そして、

これは実際に起こった話です。

 

被験者は7人で、

うち2人はプラシーボの偽薬。

 

(偽薬=ただの水)

 

偽薬の2人を除き、

投与された全員がどえらい事になった。

 

試薬の注射をされ、しばらくすると、

順に全身の激しい痛みを訴え、

 

大量の嘔吐に皮膚はドス黒くなり、

頭は3倍に腫れ上がった。

 

まさに、

阿鼻叫喚の地獄絵図。

 

※阿鼻叫喚(あびきょうかん)

非常な辛苦の中で号泣し、救いを求めるさま。非常に悲惨でむごたらしいさま。地獄に落ちた亡者が、責め苦に堪えられずに大声で泣きわめくような状況の意から。

 

あまりの苦しみのため、

医師に眠らせてくれと懇願した者も。

 

全員が意識を失い、

集中治療室で人工呼吸器をつけられた。

 

死亡者こそ出なかったが、

 

足の指を全部と手の指を3本失った挙句、

車椅子生活になった者がいたそうです。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ