退院前に行方不明になった患者さん

病室

 

これは、病院での心霊体験談。

 

私は病棟看護師だけれど、霊感の類はあまりない。

 

それでも視界の隅に何かが見えることはよくあるし、たまに堪らなく怖いと感じる日がある。

 

前に勤めていた病院は、病室が縦並びに2列のコの字型になっていて、突き当たりが窓という作りだった。

 

夜中の巡回中に背後にゾワっと感じたら、眼前の窓ガラスに映ることが時々あった。

 

ある日、入院患者さんが退院前のリハーサルで一泊帰宅をしている時に、行方不明になってしまった。

 

捜索願いを出して、病院側も職員がご家族と一緒に探していた。

 

そして急遽、夜勤を私が交代してすることになったんだけれど、その日は急変があったりでとにかく忙しく、交代したことを後悔していた。

 

深夜3時過ぎ、急変した患者さんの家族が来られ、相方の看護師が対応する。

 

その間、私は一人で巡回と併せて、処置が必要な人のところを回っていた。

 

行方不明になった患者さんの部屋は4人部屋。

 

その部屋での処置はなかったけれど、巡回をする時は患者さん一人ひとりに異変がないかを見る。

 

その時、行方不明の患者さんのベッドの布団が、なぜかこんもりとしていた。

 

当時は認知症の人が入院していたので潜り込んだかと思い、布団を触った瞬間、行方不明の患者さんの声で「寒い・・・」と聞こえた

 

その瞬間、私はさぶいぼが手先から全身に広がり、凍りそうなくらい体が冷えた。

 

声にならない声で悲鳴をあげながらもステーションに戻り、背後が怖くて壁に背中を張り付けて相方が戻るのを待っていると、病棟師長から電話があった。

 

行方不明の患者さんが海で見つかった、との連絡だった。

 

それ以降、夜勤をするとその患者さんが背後に現れるようになった。

 

そして、その患者さんがいる時はとにかく寒くなり、真夏でもカーディガンを羽織るくらいにまで。

 

結局、仕事に集中できないし、あの病室だけはきちんと対応する自信はないしで、異動願いを出して異動させてもらったけれど、変わらず現れるのでその病院を辞めた。

 

その後に勤めた先では現れることはなかったけれど、やっぱり堪らなく怖い日というのはあり、夜勤中の相方が休憩に入って一人きりになると、いつも壁に背中を張り付けていた。

 

そんなこんなで、今はもう病院では働いていない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ