俺達が足の遅いどんくさい兄弟だったら

雪道

 

俺がまだ小学生だった頃の体験談。

 

小雪がぱらつく中、

 

俺は二つ年下の弟と一緒に

外へ遊びに出かけた。

 

外へ出ると路面にはほんのりと

雪が積もり始めていて、

 

シャリシャリと音を立て、

細い足跡を残しながら、

 

ラジコンを抱えて歩く弟のスピードに合わせ、

ゆっくりと自転車を走らせていた。

 

雪がぱらついていた為か、

 

外には人影も無く、辺りは薄暗く、

やけに静かだった記憶がある。

 

家を出て数百メートル過ぎた頃、

 

直角に曲がった路地を曲がり切ったところで、

何かが動いた。

 

進行方向の右側に立つ電柱に、

身を隠すような形で人が立っていた。

 

上下黒っぽいジャージに黒いニット帽を

被った大人の男がこちらを見ていた。

 

まだ小学生だった俺には、

その男がやけに大きく不気味に感じた。

 

その男を警戒しつつ、

横を通り過ぎようとした時、

 

その男が動いた。

 

その男は手袋をした手で、

被っていたニット帽を顎(あご)までずり下し、

 

顔を完全に隠しては、

 

ズボンのポケットから

手ぬぐいの様な物を取り出し、

 

片方の手でその手ぬぐいを捻り始め、

こちらに向かって一歩二歩と歩み寄ってきた。

 

「何かされる!」と思った俺は、

 

徒歩で来ていた弟に、

走って逃げるよう指示した。

 

俺は、その全身黒ずくめで、

 

ニット帽を顎まですっぽり被った男の視線が

弟に向いていないことを確認し、

 

薄く積もった雪で滑りやすくなっている路地を、

猛ダッシュで逃げた。

 

後ろを振り向かず、

二人で猛ダッシュで逃げ帰り、

 

家の前に着いた時に

初めて後ろを振り返ったが、

 

その男は追って来なかったようで、

もうその姿は無かった。

 

家の中に入り、

 

母親に今さっき起きたことを

ありのままに話したが、

 

いまいち反応が悪く、「へ~、あ、そう?」

みたいな返答しかなかった。

 

「あれは絶対に首絞めオジサンだよ」

「殺されるとこだったな」

・・・・・・

 

などと弟と話していたら、

 

父親が仕事から帰って来たので、

事情を話した。

 

父親は町内を見回りに行ってくれたが、

怪しげな人はいなかったとの事。

 

その日はそれで終わったが・・・

 

次の日、

夕方のニュースを見て背筋が凍った。

 

『俺が住んでいた家からほんの数キロ先で、

小学生女児が何者かによって絞殺された』

 

と報道されていた。

 

あの出来事があった同じ日に・・・

 

しかも、同じ県内で同じような事件が

数件立て続けに起きているという。

 

その報道を見た俺の両親は、

やっとこれはただ事じゃないと思ったらしく、

 

警察に通報し、

俺たち兄弟が体験したことを話した。

 

俺と弟は学年でも一番足が速かったので

逃げ切れたのかも知れない。

 

もしも俺達が足の遅い、

どんくさい兄弟だったらと思うと・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ