物音がして一階に下りてみると

包丁

 

俺が小学2年生の時の話。

 

ある日、

熱を出して学校を早退した。

 

学校と家はわりと近い。

 

父は仕事、母は出掛けていた為、

一人で歩いて帰って来た。

 

二階の部屋で寝ていると、

一階から物音が聞こえた。

スポンサーリンク

一階に居たのは・・・

母が帰って来たのかなと思って

一階に行ってみると、

 

なぜか隣の家のおじさんが居た。

 

手には包丁持っている。

 

昼間に家にいる俺を見て、

おじさんはビックリしていた。

 

「おじさんが居たこと、

内緒にしてくれるやんな?」

 

おじさんがそう言うと、

 

包丁に釘付けになっていた俺は、

怖くてうんうんと頷いた。

 

親に言いたかったけれど、

 

殺されるかも知れないと思って

結局は言えなかった。

 

それからは月に一回、

 

おじさんが沢山のお菓子を

持ってくるようになった。

 

笑顔で「これ、食べや~」と

渡してくるおじさん。

 

どうしてお菓子を持ってくるのか

分からなかったけれど、

 

おじさんの笑顔が怖くて、

いつも硬直して受け取っていた。

 

母は「この子、恥ずかしがり屋で」

と言って笑っていた。

 

そして先月、

おじさんが亡くなった。

 

やっと自由になったと思った。

 

先週、村の飲み会で、

おじさんの話を耳にした。

 

『おじさんは競馬やパチンコが

大好きな人だった』

 

『おじさんはアル中で、

よく色んな家の飲み時に出没していた』

 

『おじさんが亡くなってから、

 

多発していた村での窃盗事件が

ぱったりと無くなった』

 

等々・・・

 

未だにあの時のおじさんの顔と包丁が

トラウマになっている。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ