もっさんに魅入られた患者と死の関係

手術室

 

私が働いている病院のカテーテル室には、『もっさん』と呼ばれるモノが出る。

 

※カテーテル室

重症の心臓病患者の処置をする場所。

 

もっさんは、「青い水玉模様のパジャマを着ていたり」、「ぼさぼさ頭の中年だったり」、「若い好青年だったり」、「痩せた女だったり」、と様々。

 

そんなもっさんの共通点は、「部屋の隅で俯いて立っている」、「同じパジャマを着ている」、「何も喋らないし動かない」、「気が付くと現れ、気が付くと居なくなっている」、「その場にいる全員に見える」等。

 

もっさんが出た時、その処置中の患者は後日に必ず亡くなる。

 

亡くなった患者の処置の全てに現れているわけではなく、もっさんが現れた時の処置の患者は必ず亡くなるということ。

 

処置が成功しても、なぜか予後が悪い方へと向かってしまう。

 

もう随分も前から、もっさんは目撃されているらしい。

 

御祓いの類は何度か試みたらしいが、まるで効果が無いという。

 

年に3~4回しか現れないが、うちの科の先生やスタッフはみんな知っている。

 

処置中にもっさんが出ても、誰も反応せずに黙っている。

 

怯えるのは新人の看護師くらい。

 

若い先生なんかは、もっさんを見ると酷く落ち込んでしまうが、部長先生だけは、もっさんが出ても諦めない。

 

誰よりも、もっさんの姿を見ているはずなのに、このジンクスを信じていない。

 

「もっさんに魅入られた患者をなんとか救えないか・・・」と、部長先生は今も戦い続けている。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ