アウトドアの趣味を捨てることになった出来事

滝

 

もう20年ほど前の事になる。

 

あの頃の俺はアウトドアが大好きだった。

 

バブルの余韻で激増した、いわゆる”にわか好き”ではない本物志向だ。

 

今思えば恥ずかしいが、俺は聊(いささ)か意地になって本物のアウトドアの達人を目指していた。

スポンサーリンク

迷った先で見つけたもの

さて、本物となる為に俺が考えたのは、ガイドブックのような本には載っていない情報の収集だった。

 

誰も知らない絶景が見られる穴場スポットや、誰も行かない山奥で桜が咲き誇る秘密のお花見スポット、宿も何も無い森の奥に湧き出ている温泉等々。

 

そういう場所を知っている事に一人優越感を感じ、そして満足していた。

 

そういう場所を知る為に、休みになると一人して自然に分け入っていた。

 

ある時、俺は山深い場所で県道から林道への入り口を探していた。

 

林道は一向に見当たらず、やがて谷合に小さな川が見えた。

 

・・・が、地図上に川は無い。

 

地図上の地形を見ても、川は近くに無いはずだ。

 

つまり、迷った。

 

まあ、よくあることだ。

 

林道探しに戻っても良かったが、小川に何となく興味が沸いた。

 

山歩き用の靴に履き替え、下り口らしき所から川原に降りてみた。

 

わりと水量はある澄んだ水だ。

 

チラリと魚の影が過(よ)ぎる。

 

上流に淵らしき広がりが見えたので行ってみると、いるいる!凄い数の魚影だ。

 

また凄い場所を発見した感慨に浸っていると、さらに上流から重々しい音が響いてくることに気付いた。

 

やった!滝だ!

 

興奮しながら沢を登り始め、10分程で割合大きな滝が見えてきた。

 

落差10メートル程で水量も見事。

 

滝つぼ周りは広い河原になっていて、キャンプにも最高だ。

 

恐らくここは「○○山の南西か」等と考えながら、ふと滝を見上げると人が居た。

 

滝の上から人が身を乗り出して下を見ている。

 

修験者の様な白い服に長い髪、年齢や性別はよく分からなかった。

 

※修験者(しゅげんしゃ)

山へ籠もって厳しい修行を行うことにより、悟りを得ることを目的とする者。

 

突然、その人が滝から落ちた。

 

俺は驚いて滝に駆け寄ろうとしたが、その時、誰かにガッシリと右肩を掴まれた。

 

驚いて右を見ると、大きな体格をした爺さんが俺の肩を掴んでいた。

 

「動くな」

 

爺さんはそれだけを言った。

 

その目は滝の上をじっと見つめていた。

 

俺もその視線を追って再び滝の上を見上げると、なんと、また修験者が居た。

 

しばらく下を見て、また滝つぼに飛び降りた。

 

恐ろしくなり、爺さんにこれは何だと聞こうとしたが、爺さんの姿は消えていた。

 

周囲を見回したが、誰も居なかった。

 

俺は恐怖で全身が震えた。

 

まだ日は高かったが、それでも恐ろしかった。

 

急いで踵を返して川を下った。

 

背後は一切振り返らずに・・・。

 

そしてこの出来事を機に、俺はアウトドアの趣味を捨てた。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ