2度と放送するべきではない写真

前に、ある番組の心霊写真のコーナーを

担当してた時のことです。

 

ある時、共通の特徴がある数枚の

心霊写真を取り上げたことがありました。

 

撮影者も日時も場所も

バラバラな写真なのですが、

それぞれに幾何学的な形の

赤い光が写り込んでいます。

 

そのいずれもが同じ台のような形になり、

鑑定者はそれを「ある残酷な儀式に使う台」

だと鑑定しました。

 

番組終了後、

局にジャンジャン電話が掛かってきました。

 

その中には、いわゆる霊能者の方

からのものが含まれていました。

 

彼らの言い分は、煎じ詰めれば同じ内容で、

曰く「なんというものを放送するんだ」と。

詳しい話は誰も聞かせてくれません。

 

ただ、口を揃えたかのように

「2度と放送するべきではない」と。

 

その一方で、番組宛には

同じような光の写り込んだ写真が

続々と送られてきました。

 

「これはただ事ではない」

 

そう思った私達は、

一連の写真を関わりある霊能者に

片っ端から見せて周りました。

 

しかし、皆がそろいも揃って

「関わるのはイヤだ」と断ります。

 

しつこく食い下がると、

その内の2人が渋々といった感じで

口を開きました。

 

「この時期に、日本で●●●●の祭壇が、

これだけ多くの写真に写っていることがヤバい」

 

「こんな心霊写真は見たことがない。

あり得ない。何が起こっているのか。

・・・正直怖い」

 

録音は停めていたのですが、

確かこんなニュアンスだったと思います。

 

最初に放送した写真は、

実は鑑定者から持ち込まれたもので、

要するにあの日のコーナーは

ヤラセに近い構成でした。

 

そこで、鑑定者に詳しい事情を

聞こうとしたのですが、案の定

「この件にはもう関わりたくない」

の一点張り。

 

最後には、この話を臭わせただけで

3日ほど一方的に音信不通となりました。

 

今のところ、私達には何も起こっていません。

ただ、写真は未だに送られてきているそうです。

 

しかも、その数は一向に減っていない・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ