しゃっくりが止まらず死にかけた原因

柵

 

これは、奇病にまつわる怖い話。

 

叔父の知り合いで、『しゃっくり』が止まらなくなって死にかけた人がいる。

 

病院を受診しても原因が分からず、眠れない日が1週間ほど続いていた。

 

その人は体力もどんどん落ちていき、とうとう医者に「危篤」を告げられた。

 

そんな時、その人の奥さんが泣きながら、叔父に相談の電話をかけてきた。

 

叔父の奥さんも昔、奇病に苦しんでいたので、何か分かるかもしれないと思ったのだろう。

 

とりあえず叔父は、信用のおける拝み屋さん(霊能者)に電話をしてみた。

 

するとその拝み屋さんは、「最近その家で××の方角に杭を打っただろう。そこは場所がよくないのですぐに抜きなさい」との事だった。

 

それを奥さんに伝えたところ、ご主人が寝込む前に庭で杭を打っていた記憶があるという。

 

夜中だったが、奥さんは庭に出てすぐに杭を引き抜いた。

 

しばらくすると病院から電話があり、「ご主人のしゃっくりが止まった」との知らせだった。

 

時間を聞くと、杭を引き抜いた時間とほぼ同時刻だったそうな。

 

もちろん実話だ。

 

余談だが、しゃっくりを「ひゃっくり」と言う地域がある。

 

なんでも、しゃっくりを100回すると死んでしまうから、だそうだ。

 

ただ、これはどうやら地域的な呼称らしく、そこに住む子供から大人まで皆が「ひゃっくり」と言っているという。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ