怪奇現象がよく起きる古い家にて

家

 

これは、俺の友達の話。

 

菊池(仮名)の家はすごく古い家で、いかにも幽霊や霊現象が起きそうな家だ。

 

確か『かまいたちの夜』という、ゲームのジャケット写真にもなったと自慢していた。

 

家のすぐ近くには墓地もあると言っていた気がする。

 

そんな菊池の家はやっぱりというか、よく怪奇現象が起きる。

 

別段本人は霊感が強いわけではないと言っていたが・・・。

スポンサーリンク

いつもの金縛りではないな・・・

起きる怪奇現象というのは例えば、女のすすり泣きやラップ音などで、これらは日常茶飯事だそうだ。

 

他には、誰もいないはずの部屋で誰かが摺り足で歩く音だったり。

 

話を聞いているだけでも普通ならそんな場所で生活できないのだが、「昔からなので慣れた」と菊池は言っていた。

 

そんな彼だが、最近ものすごく驚いた現象があったそうだ。

 

ある日の夜、いつも通りにベッドに入って就寝した。

 

彼は人と比べても、わりと寝つきが良い方である。

 

だが、その日に限ってなかなか寝つけなかったそうだ。

 

何回も寝返りを打ち、やっとウトウトし始めた頃にはもう3時を回っていた。

 

しかしそれからしばらくすると、急にドンっと体に衝撃を受けて金縛りに遭い、掛け布団がものすごく重く感じたという。

 

金縛りはたまにあるからしばらくすれば元に戻るだろう、と目を閉じていたのだが、一向に治まる気配が無く、さすがの菊池も焦り始めた。

 

段々と冷や汗が噴出し、息苦しさも覚えてきた。

 

いつもの金縛りではないな・・・。

 

直感でそう感じた。

 

なんとか動けないかと頑張ってみたが、体はビクともせず、息苦しくなるばかり。

 

唯一動かせたのは目だけだった。

 

菊池は目だけを動かし、部屋を見渡した。

 

特に変化もないし、体の上にも何か乗っているのも見えない。

 

そして、その目をベッドの脇のテレビに向けた瞬間、バッとテレビがついた。

 

明るい光が菊池を照らす。

 

眩しさを堪えながら目を細めてテレビを見ると、真っ白な画面の真ん中に時計が浮かんでいた。

 

それは、まるで時報のように「ピッピッピッピ」と鳴っている。

 

時計の針はもうすぐ4時を指そうとしていた。

 

ピッピッピッピ、ピーン!

 

4時になった瞬間、足の方にあるドアが勢いよくバーンと開いた。

 

そして、見たこともない婆さんが飛び掛ってくるや否や、ベッドに跨り、「何時だと思ってんだ!こらー!!」と叫んだ。

 

あまりのことに菊池はビックリして、思わず悲鳴をあげたという。

 

ふと我に返ると、いつのまにか金縛りも解けていて、部屋にはザザーという音と共にテレビの画面は砂嵐のような映像になっていた。

 

はたして菊池は夢を見ていたのだろうか?

 

本人も、「寝たという憶えは全くないし、テレビもつけてないから夢じゃないと思うんだけど。寝ぼけてたのかなぁ」と言っていた。

 

この話を夜中に菊池から聞いた時は凄く怖かったが、落ち着いて考えてみると、菊池に言った婆さんのセリフに爆笑してしまった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ