風呂に入るのが怖くなったワケ

風呂

 

風呂に入っている時に起こった怖い話。

 

その時はいつも通り、髪を洗っていた。

 

うちの風呂には鏡が付いていて、なんとなくそれ見ながら洗う。

 

そして、シャンプーを流すか、と思ってシャワー手に取って目を瞑ろうとした時、浴槽のフタが少し開いていた。

 

俺は、「ん?さっき閉めたような?」と思ったけれど、気にせずシャワーを浴びた。

 

じゃあ次は顔を洗うか、と思って石鹸を手に取った時、何気なく鏡で浴槽の方を見たら、さっきよりもフタの開き方が大きい気がした。

 

流石になにか寒気がして、「さっさと顔を洗って風呂から出よう」と思った。

 

顔を洗う時は当然目を瞑る事になる訳だが、洗っている最中に浴槽のフタがコロコロ・・・と回っている音がした。

 

シャワーの音に紛れてはいたけれど、確かに聞こえた。

 

俺は「ヤバイ!」と思って、石鹸が目に入るのも構わずに、直接浴槽に目をやった。

 

すると、浴槽のフタはきっちりと閉まっていた。

 

なので、顔を洗っている最中に聞こえた音は、勝手にフタが閉まる音だったんだなと思ってホッとした。

 

そういうことは結構ある。

 

中途半端に開けていたフタが自重で閉まる事。

 

心底ビビっていた自分がアホらしくなって、もう一回顔を洗おうとして、ふと鏡を見た。

 

すると、髪が異様に長い、見知らぬ女が俺の背中にしがみ付いていた。

 

俺はショックのあまりぶっ倒れ、1時間後くらいに親に起こされた。

 

以来、まともに風呂に入れない。

 

顔や髪を洗う時、目を瞑る恐怖に耐えられないのだ。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ