聞くと呪われる「紫菜葉草」という話

花

 

あなたは『紫菜葉草(しなばそう)という話をご存知でしょうか?

 

俺がこの話を聞いたのは、まだ高校生の時でした。

 

当時、俺たちのグループではバイトをしている人もおらず、放課後は毎日のように集まっては、校庭でサッカーをしたり恋愛の話をしたりと、どこにでもあるような毎日を過ごしていました。

 

そんなある日、俺は3人の友人ら(A、B、C)と夜遅くまで遊び、一緒に帰っていた時の事です。

 

ふとAが、「時間も遅くなってきたし怖い話でもしないか?」と提案してきました。

 

当時の俺は怖い話や動画が大好きで、毎日深夜までネットで探して見ていたので、なにか身近に新しく怖い話が聞けるんじゃないかとウキウキしていました。

 

そうして怪談が始まり、順番に話していきました。

スポンサーリンク

一週間以内に必ず同じ夢を見る

正直なところ、みんなの話はどこかで聞いたことがあるような話ばかりで退屈でした。

 

そんな時にBが、「今から話す話は兄貴から口止めされてる。俺も聞いて後悔したし、話すか悩んでる。お前らそれでも聞きたいか?」と言ってきました。

 

怪談が大好きだった俺は「待ってました!」と言わんばかりにBの話に食いつき、AとCもどんな話か気になっている様子でした。

 

Bが話したその内容ですが、ここから先を読む方は自己責任でお願いします。

 

B曰く、この話を聞いた人は一週間以内に必ず同じ夢を見る、というものでした。

 

その夢の内容は、一面広大な花畑の中に一人の男が立っている。

 

その男は「紫菜葉草を取って来い」と言うそうで、その花というのが茎も葉も花も全てが紫色で明らかに異質な花だというのです。

 

その花を摘んで男に渡せば何事もなく終わり、それを渡せなければ近い将来事故や災難に遭う、という内容でした。

 

俺は、そんな聞いたら呪われるような話は聞き飽きていたし、うんざりしていました。

 

それに、『しなばそう』なんていう名前も、『うそばなし(嘘話)』を反対から読んだ名前だというのにもそこで気付き、AとCがビクビクしているのを横目に鼻で笑っていました。

 

そんな話をされてから2~3日が経ったある日の事でした。

 

Aが凄い形相をして教室に入ってきました。

 

心配になった俺たちはAの話を聞くと、Aは前の晩に「柴菜葉草の夢を見た」と言うのです。

 

俺はこの話のカラクリに気付いていたので、笑いを堪えるので必死でした。

 

しかし、Aの顔には一切笑みがなく、異常なほど震えていました。

 

そんなAの様子が気になり、俺はAに詳しく話を聞いてみました。

 

なんでも、Aは夢の中で柴菜葉草が探せなかったそうで、それで怯えていたようです。

 

さすがにAが可哀想に思ったらしく、Bもネタばらしをしたところ、Aは本気で怒っていました。

 

そして次の日の朝、Bと俺で話していると、今度はCが「柴菜葉草の夢を見た」と言って怯えていました。

 

俺もBも、「作り話なんだから気にするな」とCを励ましていました。

 

そしてホームルームが始まりました。

 

先生が一番最初に話したのは、「Aが事故に遭った」という話でした。

 

その時のCの顔は今でも忘れられないぐらい、引き攣り怯えた表情でした。

 

俺は多少気味が悪かったものの、Aは何かの偶然で事故に遭っただけだと自分に言い聞かし、その日はBやCとも遊ばずに家に帰りました。

 

その晩の事です。

 

俺はAやCの事を馬鹿にしていたものの、Aが事故に遭ったという話を思い出し、なかなか寝付けずにいました。

 

しかし、時間が経つにつれ眠気に襲われ、気付けばぐっすり眠っていました。

 

次に気付いた時には、夢の中の花畑に立っていました。

 

目の前には一人の男が立ち、俺に「柴菜葉草を取って来い」と告げていました。

 

俺は必死に柴菜葉草を探しました。

 

何時間も何時間も、ただ一本の花を探すために広大な花畑の中を走り回っていました。

 

しかし、柴菜葉草は見つけられませんでした。

 

そうしているうちに何か大きな音が聞こえてきました。

 

それは目覚まし時計の音でした。

 

俺はようやく夢から覚めることが出来ると心のどこかで安堵していると同時に、柴菜葉草を見つけることが出来なかったという恐怖にも襲われていました。

 

そうして目を覚まそうとした瞬間、耳元で声がしました。

 

その声はよく聞こえませんでしたが、「二十歳になったらお前を連れて行く」、そう聞こえたような気がしました。

 

朝から嫌な夢を見てしまったと思いつつも、この話は作り話だという心の支えを頼りに俺は学校に行きました。

 

学校に着くと、ホームルームが始まっていました。

 

先生の口からは、思いもよらない言葉が出てきました。

 

「昨晩、Cが自宅で首を吊っているのを発見された」

 

その言葉を聞いた瞬間、俺はこれまで感じたことのないような恐怖に体を震わせていました。

 

そして、Aは怪我が酷くて大きな病院に移る、ということで引越してしまいました。

 

その後の高校生活では特に何事もなく卒業しましたが、つい先日にBが原因不明の病で亡くなり、昨日葬儀が執り行われました。

 

そして明日は俺の二十歳の誕生日です。

 

何事もなく明後日を向かえられる事が出来るのを願っています。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ