その家の前では決して遊んではいけない

団地

 

俺は昔、小学校低学年の頃まで県営住宅に住んでいて、よくその県営住宅の同学年の子達5~6人と遊んでいた。

 

その時はRCカーやミニ四駆が流行っていて、ちょっと裕福な子はRCカーを持っていたので、その子のRCカーを使ってよく県営住宅のエントランスや共用廊下で遊んでいた。

 

その際に友達や俺の親から、「7階の○○さん(以下Aおばさん)ちの前では決して遊ばないこと。通る時も静かに通りなさい」と言われていた場所があった。

 

そこの前で少しでも騒ぐとAおばさんに追いかけられるので、子供の俺達にとっては”そこはいい度胸試しポイント”になっていた。

 

そんなある日、いつものようにみんなでRCカーを追いかけてキャッキャしていたら、ガキ大将的ポジションの子が「Aおばさんちの前の廊下でRCカー走らせてみようぜ!」と提案してきた。

 

みんなは乗り気だったので「すぐにやろうよ」となったが、チキンだった俺は怒られる自分を想像して嫌だなぁと内心凹んでいた。

 

そして、結局あれよあれよと事が進み、Aおばさんちの前をRCカーを走らせながら騒いで走り抜けるという遊びが早速決行された。

スポンサーリンク

日の光が入らない仏間に閉じ込められる

俺は乗り気ではなかったので、みんなが走る一番後ろを走っていたのだが、これがマズかった。

 

みんなが声を上げてAおばさんの家の前を走り抜けた直後、Aおばさんちの扉が開き、Aおばさんが猛然と追いかけてきた。

 

いつもは走って逃げるだけで捕まったりはしなかったのだが、この日は俺の目の前にRCカーを走らせていた子がおり、その子が階段の前でRCカーの回収に手間取ってしまった為、俺は階段前で停止せざるを得なくなった。

 

そして、その子が回収し終えて階段を下り始め、よし俺も!と思った矢先、後ろから腕を捕まれた。

 

「捕まえた」

 

全くの無表情でそう言われ、俺はビビって動けなくなってしまった。

 

動けなかったのはAおばさんの表情のせいもあったが、Aおばさんは手に包丁を持っていたのでその時は完全に身体が固まっていた。

 

そうしてAおばさんの家に連れ込まれ、俺は“監禁”された。

 

ここからは記憶が曖昧だからあまり詳しい描写は出来ないが、連れ込まれてからしばらくは、布団だけが四方にうずたかく積み上げられて日の光が入らない仏間に閉じ込められた。

 

そこで延々と泣いていると、握り飯を一つ渡されて「食え」と言われた記憶がある。

 

味が全くしなかった。

 

たかが一つの握り飯を食い切れなくて、畳の上に置いておいた記憶もある。

 

どれだけの時間が経った頃か分からないが、一度母がAおばさんの家に来たらしく、玄関から母の声がするなぁとぼんやり聞いていた覚えもある。

 

また、Aおばさんの家にはもう一人若いお姉さんも一緒に住んでいたらしく、母の声を聞いたしばらく後に「もう帰してあげようよ」とAおばさんに言っているのを襖越しに聞いた。

 

その時は本当にお姉さんが救いの神のように感じた。

 

ふと気付いたらAおばさんが騒いでいる声が聞こえ、後から警察官が数人と母が入ってきた。

 

とにかく助かった、という気持ちでワンワン泣いた。

 

あの時は何日経っていたのか、記憶も曖昧だし時計もなく日の光もなかったから分からなかったが、学校の授業が少し進んでいたのと、しばらくカウンセリングで保健室に通うように言われていた事から“数日間は監禁されていた”と思われる。

 

自分としてはもう過去のことなのであまりトラウマでもないし平気なのだが、母にこの話を振ると未だに苦しそうな顔をするので詳しい話は聞けない。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ