生まれて初めて女が怖いと本気で思った

指輪

 

3年前の事だ。

 

当時、嫁と結婚して5年目だった。

 

子供も幼稚園へ入り、なんとなく落ち着いた生活になっていた。

 

その頃、元カノのM子(既婚)から、頻繁に連絡が来るようになる。

 

俺は振られた方でもあり、彼女の事がすごく好きだったから、M子とのメールのやり取りがとても楽しく感じた。

 

そして、「会いたい」と言われて有頂天になり、待ち合わせて俺の車でドライブすることになった。

 

正直、もうHの事しか頭になかった。

 

おそらくM子も同じだったと思う。

 

「お互いに今日は独身で・・・」と言って、結婚指輪を外すM子。

 

俺も外そうと思い、左手薬指の指輪に手をかけた。

 

・・・が、外れない。

 

力ずくで外そうとすると、指輪が指を締め付けてきた。

 

焦る俺、食い込む指輪。

 

ついには左手薬指が紫色になってアザになってしまい、怖くなった俺はM子に適当な理由をつけて帰宅することにした。

 

家へ帰ると、いつもは寝ている嫁が起きて待っていた。

 

時刻は深夜0時。

 

平静を装って嫁と会話をしながら水を飲むと、嫁が指のアザに気が付いた。

 

すると満面の笑みで、「今度は指じゃすまないよ」と言った。

 

本当にこの時は心臓が止まるかと思うほどドキッとした。

 

それからは少し懲りて、M子とはメールのやり取りだけをしていた。

 

そして3ヶ月が経った頃、またチャンスが到来した。

 

「今度はゆっくり話したい」、とM子。

 

俺は嬉しくなり、前回の指のアザの事などすっかり忘れ、M子とホテルへ。

 

シャワーを浴びて、ベッドでいちゃいちゃする。

 

その時、違和感を覚えた。

 

恐る恐る自分の局部を見ると、アザが出来ている。

 

しかも手形で・・・。

 

泣き出すM子を宥めると、服を着て、ホテルを飛び出した。

 

家に帰ってから局部の痛みが酷くなり、脂汗が出てきた。

 

もちろん嫁には正直に言えなかったが、「お腹が痛い」と言って夜間救急へ駆け込んだ。

 

とりあえず痛み止めの薬をもらい、帰宅した。

 

翌朝はあの痛みが嘘のようで、アザも消えていた。

 

しかし嫁は笑顔で、「痛みが引いて良かったね。でも次はないと思ってね」と言った。

 

一瞬にして心が凍った。

 

そして、生まれて初めて女が怖いと本気で思った。

 

それ以来、悪さはしていない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


2 Responses to “生まれて初めて女が怖いと本気で思った”

  1. 匿名 より:

    間違いなく、この男はまたヤる。

  2. 774 より:

    女が怖い、と言うより
    この男、ウマシカだ…としか思えない

コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ