決して読んではいけない辞世の句

遺言

 

倭漢スバ 悪巣トシ

風源クチテ 短鬼シキトス

流見スバ 五霊トシ

火呪クチテ 長龍シキトス

 

父ハ胃ノ中

母ハ井ノ中

兄ハ地ノ中

姉ハ血ノ中

 

上記の文は、大正時代に家族を皆殺しにした末男が、死に際に自らとその家族の血で綴ったと言われる辞世の句である。

 

※辞世の句(じせいのく)

死を直前に読む漢詩や和歌とされている。遺言。

 

彼は、家族を恨んで皆殺しにしたのではなく、彼の家が部落内でもよそ者として扱われており、ある事件をきっかけに家族が想像を絶するような虐待にあった。

 

彼はその事件のきっかけであり、家族に対する愛と、虐待をした部落に対する深い憎悪のため、殺すことで家族を楽にし、自身が死ぬ間際にこの辞世の句を血で綴ったという。

 

ここまで書けばお分かりだろう。

 

この辞世の句には、ある種の『呪い』がかけられている。

 

この句を読むと、数日以内に彼がやってくる。

 

彼はあなたに質問する。

 

間違った答えだと、あなたは死んでしまう。

 

彼の問いは、こうだ。

 

「僕はどこ?」

 

この答えは、日本人であれば句をじっくり読めばすぐに分かるだろう。

 

分からない人間・・・それが彼にとってのターゲットだと言われている。

スポンサーリンク

検証

過去、2ちゃんねるの掲示板で話題になった怪文である。

 

はっきりとした答えが出ない中、考えられた説は主に以下の4つ。

 

1、

荒らしによる不条理の釣りで、2ちゃんねるではよくあること。

 

ただ怖がらせるだけのために、意味のない言葉を羅列したもの。

 

2、

答えは「火の中」。

 

この説も多いが、根拠が一切不明である。

 

3、

答えは 「世の中」。

 

実は、末弟は生き延びている。(ダジャレ感が少々・・・)

 

4、

答えは「目の前」。

 

上記の説の中で最も説得力があり、これが正解とされているが・・・。

 

これを読んだあなたの元へ、数日以内に彼はやって来るようなので、決して答えを間違わないよう慎重に考えてください。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ