悪霊と戦った住職さんの一言

先輩のAさんはひどく怖がり。

 

よせばいいのに友達に乗せられて

肝試しをやってきました。

 

不安がるAさんに、霊感の強い

同僚のB君が近づきます。

 

「心配いりませんけど、

念のためこれを持っていてください」

 

それは、水晶で作られた数珠でした。

 

しかし、その数珠を手にしてからも

Aさんの不安感は消えません。

 

たまりかねてあるお寺を訪ねると、

住職さんがAさんを見るなり

顔色を変えました。

 

住職さんと「それ」の戦いは、

どれほどのものだったのでしょう。

 

不意に住職さんが叫び声を上げると、

お守りの数珠が飛び散り、

同時にAさんの不安感は消えました。

 

Aさんが数珠を見ながら

「お守りが身代わりに・・・」と話すと、

住職さんはつぶやきました。

 

「お守り?逆じゃ・・・」

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ