出て行った母親が再婚したので会いに行った

家

 

俺が小さい頃に母親は家から出て行った。

 

だが、どうやら再婚していたようだ。

 

あちらの家族にはその事実は秘密らしいが、暇だったので「養育費を貰いに」という口実で会いに行ってみた。

 

結論から言えば、養育費という名目のお金を得た。

スポンサーリンク

やっぱり捨てられたんだなぁ

夕方に行ったのだが、ちょうど夕飯の時間だったようで、チャイムを鳴らすとインターホンには女性が出た。

 

そして、俺は自分の名前をフルネーム言うと、一瞬の間があって切られてしまった。

 

すぐさま玄関が開き、実母を思しき女性が姿を見せた。

 

写真で見たよりは当然ながら老けていた。

 

女性の表情は、「何で!?」という驚いた顔をしていた。

 

それが当然と言えば当然のリアクションだ。

 

なにしろ、過去に捨てた子が目の前にいるのだから。

 

俺は、「養育費の事で~」と言ったが、女性は無反応だった。

 

仕方ないから俺は家に入ろうとすると、全力で止められた。

 

正直、「やっぱりね」と思った。

 

俺が大きい声を出していたら、中から男性が出てきた。

 

おそらく再婚相手だろう。

 

俺の顔を見るや、怪訝な顔をされた。

 

まるで俺は不審者扱いだ。

 

そこで、「この人の子供です」と言うと、男性に「はぁ?」という顔をされた。

 

どうやら本当に内緒にしていたようだ。

 

女性に正直に言うように促すと、観念したようにその男性に話した。

 

その後、「ここでは・・・」ということで家の中に通された。

 

リビングに通されたが、中学生くらいの女の子が一人、ソファーに座っていた。

 

母親から来た理由を聞かれたが、「養育費を~」と答えると黙り込んでしまった。

 

俺は着ていたTシャツを脱いで背中を見せ、「あなたが出て行ったせいで父親からこんなに可愛がられました」と言った。

 

母親は泣き出した。

 

そして、一言「払います」と。

 

一括で払ってくれるらしい。

 

これで俺も大学に行けそうだ。

 

でも本当は、会った瞬間に母親がもっと違うリアクションをしてくれればこんな事をしなかったと思う。

 

お金は入るが、「やっぱり捨てられたんだなぁ」と改めて実感した日だった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ