クソガキだった俺はジャンキーな味が好きだった

食事

 

これは、俺が子供の頃の話。

 

俺の家庭は両親が共働きだったので、食事は祖母が作ってくれていた。

 

祖母が作る食事は、上品な純和風の味。

 

でもDQNなクソガキだった俺は、ジャンキーな味が好きだった。

 

「おばあちゃんの料理は味がなくておかずにならないから食べない」

 

そう言って、せっかくの卵焼きを食べずにカップラーメンを食べていた。

 

そんな祖母の死後、ノートが見つかった。

 

ノートには、丁寧に餃子の作り方をメモしてあった。

 

肉を多めにしないと●●(俺の名前)は食べない。

 

具はキャベツでなくニラにすること。

 

さらにオムレツの作り方では・・・

 

よくかき混ぜること。

 

白身が残っていたり、カラザ(白いひも状のもの)があると●●は食べない。

 

半熟にすること。

 

しかし液が垂れると●●は食べない。

 

そしてカレーライスの作り方では・・・

 

ジャワカレーは●●は食べない。

 

豚肉もダメ。

 

とろみがあるバーモントカレーにすること。

 

人参は入れない。

 

祖母のノートを見た俺は泣いた。

 

そして反省した。

 

でも俺の偏食は治らなかった。

 

今では立派な腎臓病を抱えている。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


One Response to “クソガキだった俺はジャンキーな味が好きだった”

  1. 匿名 より:

    怖い話かこれ?

コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ