霊感が強い俺の味方だった爺ちゃん

あぜ道

 

俺は、物心ついた時から

霊感が強かったらしく、

 

ソレと話せる様になってからは、

 

いつも他の人には見えない者と

遊んだりしていた。

 

正直なところ、

 

生きている者とこの世の者では

ないものとの区別が、

 

全くつかなかった。

 

知らないおじさんが玄関から

入って来ても誰も気付かず、

 

「おじさんがそこに立っとーよ」

 

と言っては、

 

「そげん人はおらん!」

 

と怒られ、

叩かれたりもした。

 

だから俺は怒られるのが嫌で、

少しずつ無口になっていった。

 

ただ一人、

俺の味方だったのが爺ちゃん。

 

一緒に歩いている時、

 

向こうから歩いてくる男が

全体的に灰色がかっていて、

 

顔が土気色。

 

※土気色(つちけいろ)

土のような色。生気を失った人の顔色などにいう。

 

そして、背中にピッタリと

張り付いている黒いもの。

 

爺ちゃんに、

 

「あの人どげんかしたと?

何で黒いのしょってるん?」

 

と訊いたら、

 

「ああいうんは、

よくよく見とったらいけんよ。

 

ちゃんと区別を付けるようにしんしゃい。

 

人には影が出来るが、

あのもんに影はなかろうが。

 

まだ生きとるけどな」

 

・・・と。

 

見れば確かに、

その男には影がなかった。

 

そして追い風にも関わらず、

 

線香と何かが腐った様な、

強烈な臭いがしてくる。

 

すれ違う時にはその臭いで何度か

吐いてしまったのを覚えている。

 

そういうものを何度も目にしたりして、

爺ちゃんに色々教わっていく度に、

 

「ここには近寄ったらダメ」

「あの人には近寄ったらダメ」

 

と段々わかる様になっていった。

 

そして、

 

爺ちゃん以外の人には

話してはいけない事も。

 

そんなある日(小学2~3年頃)

 

夏休みで母の妹家族のところへ

遊びに行った。

 

(その頃の爺ちゃんは、

妹家族と同居していた)

 

ちょうど同い年くらいの子が二人いたので、

 

楽しくて毎日遊んでいたら、

昼に暑さで鼻血を出してしまった。

 

叔母さんの家に行くと、

少し横になってなさいとの事。

 

ある一室に連れて行かれそうに

なったんだけれど、

 

そこは自分なりに気付いていた、

『近寄ったらダメ』な場所だった。

 

断ったけれど、

ガキの言う事なんて勿論聞いてはくれず、

 

でも一人は絶対に嫌だったから、

 

庭にいた爺ちゃんを呼んで、

一緒に寝てもらう事に。

 

「何かあってもジィがおるけん、

大丈夫じゃ」

 

の言葉に安心して、

気がついたら寝ていた。

 

どれくらい寝たのか・・・

 

ふと目を覚ますと、

異様な寒さと線香の臭い。

 

ヤバイ・・・怖い・・・と初めて思い、

爺ちゃんを見るとグッスリ寝ている。

 

起こそうと思った時に、

初めて自分の体が動かない事に気付いた。

 

掠れ声くらいしか出ない。

 

それでも爺ちゃんを呼び続けた。

 

その時、

ゆっくりと襖が開いて出てきたもの・・・

 

首と右腕、

さらに左膝から下が無く、

 

戦時中に着ていたと思われる

ボロボロの服を着て、

 

焼け爛(ただ)れたものが、

這いずりながら俺の足元まで来た。

 

そいつは俺が掛けていたタオルケットを、

ゆっくりと引っ張る。

 

何度、爺ちゃんを呼んだことか。

 

「爺ちゃん起きて!」

 

と掠れ声で叫んだ瞬間、

 

「なんや?」

 

と、こっちを向いた爺ちゃんの顔は、

焼け爛れて皮膚が剥け、

 

今、俺のタオルケットを引っ張っている

片目と鼻の無いそいつの顔だった。

 

多分、一瞬気絶したと思う。

 

でも、「まだ終わらんぞ・・・」と、

低い声と変な笑い声で気が付いた時、

 

そいつの体はもう半分くらい、

俺の体に乗っていた。

 

そいつの血と自分の汗が混ざって、

ヌルヌルする様な気持ち悪い感触。

 

その時に突然、

凄い勢いでお経を唱える声がした。

 

泣きながら横目で爺ちゃんを見ると、

 

怖い顔で聞いた事のないお経を、

正座し、こっちを向いてあげ続けていた。

 

すると、そいつが舌打ちしながら、

 

「クソガキが・・・」みたいな事を

モゴモゴと言いながら、

 

煙の渦に吸い込まれていった。

 

その後はもう、

爺ちゃんにしがみ付いて大泣き。

 

泣き声を聞きつけて飛んで来た

叔母さんに爺ちゃんは、

 

「怖い夢を見ただけだ」

 

と言い、

ごまかしてくれた。

 

落ち着いてから爺ちゃんに、

あのお経は何?と訊いたら、

 

「ジィにもわからん。

勝手に口をついて出たけん。

 

多分ご先祖様が助けてくれたんやろ」

 

・・・と。

 

その後は二人でアイスを食べながら、

庭の雑草を取っていたんだけれど、

 

何となく俺が掘り返した所から、

木の札が顔を出した。

 

爺ちゃんを呼ぶと、

血相を変えてこっちにやって来た。

 

全部掘り返すと、

 

その何枚かの札には何か書いてあり、

大量の釘が打ってあった。

 

「お前は見んでよか、触るな」

 

と言い、

裏の焼却炉の方へ持って行ってしまった。

 

後に何が書いてあったのか訊くと、

子供への怨み事が沢山書かれていたらしい。

 

小6の三学期、

爺ちゃんが胃癌末期と知らされ、

 

最期まで爺ちゃんにバレない様にしろと

家族に言われたが、

 

(今にして思えば、

小学生に対して無茶振りだ)

 

一人で毎日見舞いに行く度に、

俺が我慢出来ずに泣くもんだから、

 

完全にバレてしまっていた。

 

というか、

 

爺ちゃんは最初から自分が長くない事を

わかっていた気がする。

 

「ジィがあっちに行く時は、

お前のいらん力を持ってくけん。

 

ジィがおらんようなっても、

なーんも心配いらん」

 

と、いつも優しく頭を撫でながら、

安心させる様に言ってくれていた。

 

そして、

爺ちゃんが亡くなってから十数年。

 

怪しい場所や人からは、

線香や腐敗臭、頭痛はしても、

 

それ以上のものは一切見えなくなった。

 

ただ、結婚して子供もいる今、

 

長男が幼かった頃の俺とソックリな行動を

たまにしているのを見ると、

 

先の事を考えて背筋が少し寒くなる。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ