呪いのCM

クリネックスティッシュのCMは

呪われているという。

 

そのCMとは、

 

赤鬼に扮した子供と、

女優のMさんが仲良く座り、

 

画面中央のティッシュボックスから

一枚一枚を空へ投げるというCMで、

 

後ろではアカペラで女性の歌手が

英語の歌を歌っている。

 

このCMが放送された頃には、

赤鬼役の子供はこの世にいなかった。

 

原因不明の病気で

死んでしまったのだ。

 

さらに不幸は伝染し、

 

このCM制作に関わった

スタッフの一人も、

 

サウナで事故死を遂げた。

 

そして、

 

このCMに出演した、

もう一人の女優のMさんも、

 

極度のノイローゼ状態になり、

テレビから一時遠ざかり、

 

その間に鬼のような子どもを

出産してしまったという。

 

この一連の不幸の原因は、

CMで使われていた歌だという。

 

この歌はCMで流せるような

代物ではなく、

 

黒ミサでも使われたこともある、

呪われたいわくつきの歌だったのだ。

 

歌を訳すと、

 

「死ね、死ね、一人ずつ

呪い殺してやる」

 

となり、

 

もしこの歌を最後まで

歌ってしまうと、

 

必ず死んでしまうと言われる。

 

さらに、

 

ある視聴者が当時発売された

ばかりのビデオデッキで、

 

録画したこのCMを

見直したところ、

 

赤鬼が青鬼に変わり、

 

バックに流れていた

女性の声も、

 

しわがれた老婆の声に

なっていたという。

 

まさに、

これは呪われたCMであり、

 

業界ではタブー中のタブーなのだ。

 

検証

このCMは、

 

1985~86年にかけて

放送された。

 

ワイドショーや週刊誌で

取り上げられて

 

噂が大きくなっていき、

 

現在でも語り継がれる

CMとなったのだ。

 

まずは、出演していた

女優のMさんであるが、

 

言われているような事実は

全くなく、

 

今でもかなりの知名度を誇り、

仕事も続けておられる。

 

入院したり、

赤鬼を生む暇はない。

 

他のスタッフの

サウナでの事故死も、

 

岡田有希子さんの死体を撮影した

カメラマンの末路と非常に似ており、

 

(このカメラマン話も嘘)

 

時期的なものもあり、

混合されて広まった噂であろう。

 

赤鬼役の子も、

 

原因不明の病気なんかで

死んでなどいない。

 

そして、

 

バックでかかっている

呪われた歌、

 

タイトルは「It’s a fine day」

という。

 

爽やかな歌であり、

 

とても呪われているようには

思えない。

 

さらに、

いくら歌詞を和訳しても、

 

「死ね、死ね・・・」

 

などとは一切出てこない。

 

ということで、

このCMにまつわる都市伝説は、

 

最初から最後まで、

全部が嘘である。

 

ただし、

 

動画サイトでこのCMの映像が

見れたりもするのだが、

 

たしかに気味が悪い・・・。

 

 

この都市伝説も、

 

元々のCMが持つ不快感から

広まったものなのだろう。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ