ばばぁ!死んだら笑ってやる

夏

 

去年の8月頃の話。

 

仕事の関係で、俺はほとんど日本にいなかった。

 

そして今回、半年ぶりに日本に帰ってきた。

 

帰ってきた港のすぐ近くには、祖母と叔父夫婦が住んでいる家があるので、土産を持って寄ることに。

 

そして、いつも通り「おいばばぁ!今年の夏は暑いけどくたばってへんやろな」と笑って言いながら家に入った。

 

だが、祖母の返事が返ってこない。

 

いつもなら、「お前こそ死んだと思ってたわ」と笑いながら出てくるのに。

 

代わりに出てきたのが叔父だった。

 

「ばあさん、3月に脳梗塞で・・・」

 

突然そう言われた。

 

慌てて祖父の仏壇のある仏間に行くと、祖父の遺影の横には祖母の遺影があった。

 

俺は大声を出して泣いた。

 

祖母が大好きだったのに、その死に目にも会えなかったのかよ、と。

 

すると突然、祖母の声が聞こえた。

 

「○○(俺の名前)、うちが死んだら笑ってやるって言ってたやないか!笑え!」

 

一緒にそこにいた叔父夫婦にも、しっかりと聞こえたらしい。

 

もうそこからは、俺も叔父夫婦も大笑いしながら大泣きした。

 

その時、滲んでよく見えない視界の隅で、遺影の祖母が笑ったような気がした。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ