亡くなった祖母が夢に出てきた日

部屋

 

これは、亡くなった祖母が夢に出てきた日の話。

 

親戚のみなさんと温泉旅館で温泉に入っていたら、脱衣所に通じる戸が開き、祖母が「みんなありがとう。お疲れさん」みたいなことを言って戸を閉めた。

 

そんな夢を見た朝、起きてからカレンダーを見ると、ちょうど『初七日』だった。

スポンサーリンク

「大丈夫だね」

またある日、祖母が夢に出てきた。

 

祖母はずっと暮らしていた田舎の家の中で、長男の嫁である叔母に付いて家の中をグルグルと周っていた。

 

ただ、叔母には祖母が見えていない様子。

 

一通り周ったところで、「大丈夫だね」という感じのメッセージが頭に入ってくるや、そのまま霧が晴れるように祖母が消えたところで目が覚めた。

 

カレンダーを見ると、ちょうど『四十九日』だった。

 

「あぁ、本当にいなくなったんだ・・・」と思って、葬式の時より泣いた。

 

その話を父にしたところ、「婆ちゃんはワシの夢には出てこないんだよな・・・」と寂しそうに言った。

 

それから一年経ったある日、父が嬉しそうにこんなことを語った。

 

「このあいだ、婆ちゃんが夢に出てきてな。暖簾(のれん)の向こうで隙間からじっと見つめてくる人がいて、顔は隠れてるけど姿かたちはどう見ても婆ちゃんだったから、『ばあちゃんか?』って聞いたら、焦って手を左右に振って『違う!違う!』みたいな素振りをして走って逃げちゃった」と。

 

さらに数年後のある日、また祖母の夢を見た。

 

「ここをね、こんな風にハイカラにしたんだよ」と、父の実家の家の中を見せてくれた。

 

囲炉裏があった部屋が、洋風のリビングになっていた。

 

ただ、私がその向こうの戸を開けると、真っ白で何も見えなかった。

 

振り返って祖母に「なんで真っ白?」と聞いてみたら、「すまん。仏壇からはここまでしか見えないんだ」と申し訳なさそうに言われた。

 

後日に父から、実家の従兄の長男が結婚するから家をリフォームしたらしいと聞いた。

 

今度、新しい家のお披露目があるから行って来ると言われた。

 

私の願望で見た夢ではなさそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ