幽霊になると行ったことがない所にも行ける

トイレ

 

その上司は飲みに行くのが好きで、仕事の仲間同士(社外の出入り業者さんも含む)でよく集まっているそうな。

 

その日も飲んでから家に帰り、そのままトイレに行くと、自分より年上の男が座っていた。

 

一人暮らしの家だから、自分以外の者がいるはずがない。

 

しかしよく見ると、亡くなった飲み仲間の阿部さんだった。

スポンサーリンク

家に来たことないのに

上司は「わー、幽霊だー」となるも、酒の入った頭で「とりあえずトイレに入りたいなあ、困ったなあ、退いてくれないかなあ」と思う。

 

そして何を思ったのか上司は、「阿部さん、悪いけどうちに来られても困るから。トイレに入りたいし。吉野の所に行ってくれない?」と移動をお願いしたんだそうな。(吉野さんは阿部さんと仲の良かった飲み仲間)

 

それを聞き入れたのか、阿部さんはスッと消え、上司は念願のトイレに入ってから、「消えたということはどこか行ったのかなあ」と思いながら就寝する。

 

その後、忙しさでしばらく飲みに行けず、久しぶりに飲み仲間の吉野さんに会った時、いつも明るい彼が青い顔をしていて、上司に「幽霊を見たんだ・・・」と詰め寄ってきた。

 

上司「もしかして阿部さん?」

 

吉野「そうそう、家に出てさ。来たことないのに」

 

上司「□月××日?」

 

吉野「そうだよ!あれ?誰か俺が話した奴に聞いた?俺、直接話してないよね?」

 

上司「あー、ごめん。××日に多分俺の所に先に来てるわ」

 

吉野「え、先に?なんで分かるの?」

 

上司「俺の所に来られても困るから吉野の所に行ってくれない?って言ったからごめんな。ホントに吉野の所に行ったのか。家に行ったことないから行かないかと思ったわ」

 

その後、上司は吉野さんにブン殴られたそうな。

 

そんな上司は僕に、「幽霊になると行ったことがない所にも行けるんだなあ」と、しきりに関心していた。

 

※名前は全て仮名

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ