「五寸釘」タグの記事一覧(3 / 4ページ)

スポンサーリンク

呪う女 7/18

慎は立ち上がり、 「よし、このカメラを早く現像して、 警察に持って行こう」 と言った。   俺達は山を駆け降りた。   山を降り、俺達は駅前の 交番へ急いだ。   このカメラに納められた写真・・・

呪う女 6/18

慎はズボンのポケットから インスタントカメラを取り出し、 右手に握ると、   俺の期待を裏切り「よし」と小さく呟き、 山へ入るとすぐさま走り出した。   俺は、その後ろ姿に引っ張られるように 走り出し・・・

呪う女 5/18

それから三日後。   その日は珍しく、 内藤と佐々木と俺と慎の四人で 一緒に下校した。   内藤は体がデカく、 佐々木はチビ。   実写版のジャイアンとスネオみたいな奴ら。   も・・・

呪う女 4/18

慎は来ていたので、慎と二人で 「もしかして淳、あの女に・・・」と思いながら、 学校帰りに二人で淳の家を訪ねた。   家の呼び鈴を押すと、 明るい声で「はぁーい!」と 淳の母親が出て来た。   俺が「淳・・・

呪う女 3/18

木には小さな子供(4~5歳ぐらいの女の子?) の写真に、無数の釘が打ち付けられていた。   いや、驚いたのはそれでは無い。   その木の根元に、 ハッピーの変わり果てた姿が。   舌を垂らし・・・

呪う女 2/18

俺は恐くなり「逃げよ」と言ったが、 慎が「あれ、やっとるの女や。よー見てみ」 と小声で言い出し、   淳が「どんな顔か見たいやろ? もっと近くで見たいやろ?」と悪ノリしだし、 慎と淳はドンドンと先に進み出した。・・・

呪う女 1/18

小学生の頃、学校の裏山の奥地に、 俺達は秘密基地を造っていた。   秘密基地っつっても結構本格的で、 複数の板を釘で打ち付けて、 雨風を防げる3畳ほどの広さの小屋。   放課後にそこでオヤツ食べたり、・・・

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ