東野

小学校の体育の時間、グラウンドに集まっていると、

東野というクラスメイトが居なくなっていた。

 

どこへ行ったのかと、みんなで話していると、

誰かが校舎を指差し、

 

「あれ、東野ちゃうか?」

と言った。

 

見上げると、3階の窓から

顔らしきものがこちらを見ていた。

 

それは確かに頬杖をついている東野のように見える。

 

しかし、肌色の輪郭だけは、わかるものの、全体がぼんやりしていて、

目を凝らしても目鼻立ちを認識できず、顔の表情がつかめない。

 

先生は生徒を3階に見に行かせ、

その間もグラウンドのみんなは顔がそこにあるのを目撃していた。

 

にも関わらず、戻ってきた生徒は、

「3階の廊下には誰もいない」と言った。

 

「そんなことあるか!あれは誰や?」

先生は焦ったように叫んだ。

 

階を間違えた可能性もあるんじゃないか、ということで、

もう一度、別の生徒が見に行ったが、やはり誰もいないとのことだった。

 

結局、東野は見つからず、顔の存在もそのままで、

休憩時間になって、みんな教室に戻った。

 

東野は、その次の次の授業ぐらいに、ひょっこり帰ってきた。

講堂かどこかの裏で昼寝をしていたらしい。

 

あの顔は、なんだったのだろう。

幽体離脱した東野だったのか。

 

その後も、朝礼や体育の度に、3階の窓を見たが、

顔らしきものを見ることはなかったし、霊的な体験をしたのもそれっきりだ。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ