異次元に行く方法

私と友人はオカルトにのめり込んでいた、

小学3年生の時の不思議な話。

 

ある日、友人が、どこからか仕入れたネタなのか、

「異次元に行く方法があるの」

と言い出した。

 

私:「それって大丈夫なの?ちゃんと戻って来れるの?」

友人:「うん。やり方も簡単だけど、2人じゃ出来ないの」

 

と言うので、数人を誘ってやってみることに。

 

友人:「私がこの石に祈って呪文を唱えるから、

いいって言うまで、みんな目を開けないでね」

 

私と友人、他3人の計5人で手を繋いで輪になる。

 

友人:「じゃあ、目を閉じてね」

 

友人が、ごにょごにょと、とても小さな声で何かをつぶやいて、

「いいよ」と言った。

 

目を開ける。

 

友人の家は公園に面していて、その儀式を行ったのも

公園に小学生が集まる放課後。

 

広がっていたのは、普通に変わらない公園の姿。

 

私:「何か変わった?」

友人:「うん。ここがそう。異次元なの」

 

そして、すたすたと公園に入っていく友人と、その他の友人たち。

私も、あちこち見渡す。

 

滑り台、ブランコ、タイヤ、グラウンド、遊ぶ子供たち。

何の変哲もない。

 

これは嘘だったのかなぁ。乗せられたのかなぁと、

子供ながら半信半疑。

 

グラウンドを周って見ると、

小さな山の片隅に、一輪のたんぽぽが咲いていた。

 

当時は真夏が少し過ぎたくらいで、

たんぽぽの咲く季節じゃなかった。

 

何か、それだけが、

とても綺麗に見えていた。

 

友人:「そろそろ帰ろう。長く居ちゃいけないの」

 

と言ったので、儀式を始めた所に戻り、

輪になって手を繋いだ。

 

友人:「みんなで、いっせーので帰りたいって言うの。目を閉じて。

いっせーの!・・・はい。目を開けていいよ」

 

目を開けても、やっぱり変わらない公園。

 

私:「ねぇ、ちゃんと帰って来れたの?」

友人:「うん。ほら見て。あの子もあの子も知ってる子でしょ?」

 

公園で遊んでいる子供を指さして友人は言う。

そこで気がつく!

 

さっきの公園では、誰も見知った顔が居なかった事。

子供ながら嘘でしょ?!と思って違うところを探す。

 

見当たらない。

最後に山を登る。

 

たんぽぽなんて咲いてなかった。

 

ぞっとした。という感覚を、

初めて覚えたのがこの瞬間だった。

 

友人にも、たんぽぽの話はしていなかったので、

私が気づかないうちに引っこ抜いたりとかは出来なかった。

 

未だに、たんぽぽの謎は解けない。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ