祖母の写真探しでの不思議な出来事

写真

 

これは、祖母が亡くなった時の不思議な話。

 

祖母は生前、「一緒にお棺に入れて」とリクエストしていた写真があった。

 

だけど、それが見つからない。

 

祖母がいつも大事なものを入れていた小物入れにも、その周辺に置いてあったアルバムにもない。

 

私と叔母の二人で焦って探していると、4歳になる姉の子供が別の部屋からふらっと来て、「ひいばあちゃんのしゃしーん」と言いながら部屋の隅にある本棚を指差した

 

私は普段会話するように「ん?どれ?」と聞いてみた。

 

ただ背が届かないので、指差して「これ?」「ちがう」「じゃぁこれ?」と何度かやり取りする。

 

すると、どうやら本棚の中段にある、祖母が時々見ていたお気に入りの猫の写真集らしい。

 

手に取って確認すると、その中に“しおり代わりに写真が挟んであった”のでびっくりした。

 

ちなみに姉の子供は祖母の家に来たのは初めてで、その猫の写真集もそれまで見たことがない。

 

とりあえずお棺に写真を入れるのには間に合ったけれど…。

 

後で「どうして知ってたの?」と聞いても、本人は「しらなーい」と言うばかり。

 

小さな子はアンテナの感度が良いという話はよく聞くけれど、きっと祖母が一生懸命に知らせてくれたんだろうなと思った。

 

余談になるけれど、亡くなった方のお棺に写真を入れる時は、『既にお亡くなりになった方々の写真ならいいけれど、存命中の方々の写真は入れてはいけない』と葬儀屋さんから聞いた。

 

風習や迷信の類なのかは詳しく聞かなかったけれど。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ