桃太郎との奇妙な出会い

公園

 

夜中、急にビールが飲みたくなる時というのは、大学生になると一度は必ずやってくるものだと俺は思っている。

 

これは先日、もう日が変わって夜の1時くらいになった時の話。

 

テレビでアサヒのスーパードライのCMを見たせいか、急にビールが飲みたくなって冷蔵庫を開けた。

 

ちょうどビールを切らしていたみたいで、中はケチャップと卵だけ。

 

仕方なく、近所のコンビニまで徒歩で向かうことにした。

 

ものの数分、あっさりとコンビニに到着し、目当てのビールと少しのツマミを買って帰る。

 

帰り道には遊具が2つばかりある小さな公園があるのだが、そこを通る時にオッサンの渋い歌声が耳に入った。

 

「も~もたろさん、ももたろさ~ん」

 

まさかの桃太郎。

 

「ふっふふっふふっふふ~、ふっふふっふふ~♪」

 

しかも、うろ覚え。

 

酔っぱらいが公園で寝ているのかと無視して家に帰ると、すぐさまビールの缶を開けて一息。

 

ソファーでゆっくりとしていると、帰り道での歌声を思い出して、ほろ酔いで気分も良いせいか桃太郎を口ずさむ。

 

といっても、恥ずかしくて小声で。

 

「も~もたろさん、ももたろさ~ん、おっこしにつけた~き~びだんご~、ひっとつ~わたしにく~ださいな~、・・・・・・・・」

 

なんだかんだで俺もこの先を覚えていないやと思って、ソファーに深く腰掛けた途端、耳元で「おぉ、そうだそうだ、思い出した」と聞き覚えのある渋い声がした。

 

びっくりして辺りを見回すも、当然のように俺一人。

 

気味が悪くなった俺は、その日はユーチューブで桃太郎のフルバージョンを聴いて布団に入った。

 

あの声の主に聴かせたら成仏するかな、なんてアホなことを考えて。

 

運良く、その後は何ともない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ