古本屋で出会った一冊の本をめくると

本屋

 

数年前の古本屋での話。

 

本を売りたいという友人に付き合って、

大きな古本屋へ行った。

 

神保町とかにある古書店ではなく、

 

漫画から写真集から、

とにかく沢山置いてあるチェーン店。

 

友人は山盛りの漫画本を持ち込んでいて、

会計までしばらくかかるとのことだった。

 

古本屋は利用したことがなかったから、

 

物珍しくて広い店内を一人であちこち

見て回っていた。

 

オカルトの面白い本がないかなと思って、

 

超常現象と分類されている棚を

のんびりと眺めていた時、

 

背表紙が棚の奥向きになっていて

題名のわからない本を見つけ、

 

思わず手に取ってみた。

 

落語を楽しもう、

というようなタイトルだったと思う。

 

文字が大きくてイラストが多かったから、

小学生向けだったんだろう。

 

載っているのは『じゅげむ』や『饅頭こわい』

などの有名どころばかりだったが、

 

添えられている挿絵が面白かったので、

ペラペラめくっていた。

 

『地獄のそうべえ』のところで、

余白に「こわい」と走り書きがあった。

 

地獄のそうべえというのは、

 

主人公そうべえが同じく地獄行きになった

歯医者・医者・山伏とで、

 

※山伏(やまぶし)

山野に住んで修行する僧。

 

鬼に食べられそうになったら

歯を引っこ抜いたりと、

 

生前の職を活かして切り抜ける話だ。

 

内容はコメディだが、

 

子供心に地獄の業火や鬼達のイラストが

とても怖かったのを覚えている。

 

走り書きを見た時も、

 

前の持ち主だった子供が

そういう思いをしたんだろう、

 

と思って微笑ましくなった。

 

次のページの余白にも、

また文字が書いてあった。

 

「困っています。よろしくお願いします」

 

赤いペンで書かれていて、

文中の「じごく」に丸がしてあった。

 

その下に掠れた黒い文字で「リョウカイ」、

すぐ下に「オワリ」、

 

その下に赤ペンで「有難うございます」

 

なんだこれ?

と思いながらページをめくる。

 

するとまた「お願いします」

 

文中の「じごく」に丸

 

そしてその下には、

「リョウカイ」・「オワリ」。

 

さらに下に赤文字で、

「感謝致します。お世話になりました」

 

やり取りはいくつもあった。

 

赤い文字は、

 

薄かったり蛍光だったり、

達筆だったりミミズだったり、

 

様々だったが、

 

リョウカイ・オワリの文字だけは

いつも黒文字で掠れていて、

 

カクカクしていた。

 

「頼みます」

「リョウカイ」

「オワリ」

「有難うございます」

 

「どうか宜しくお願いします」

「リョウカイ」

「オワリ」

「どうも有難うございました」

 

いくつかそんな書き込みを見た後、

 

物語が終わるあたりに紙が一枚、

挟まっているのを見つけた。

 

拡大したのか、

黄みが強い荒い画質で、

 

学ランを着てぎこちない表情をした、

少年が写っていた。

 

その下に、

少年の名前だろうと思われる写植。

 

※写植(しゃしょく)

活字を用いず、文字板からレンズを使って一字ずつ感光紙またはフィルムに印字して、印刷版を作ること。

 

本の余白には走り書き。

 

「お願いします」

 

文中の「じごく」に丸

 

その下には何も書かれていなかった。

 

友人から会計が終わったと、

携帯へ着信が入った。

 

本は元のところへ戻しておいた。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ