御祓いで拭い切れない恨み

時は第二次世界大戦の

日本敗戦直後。

 

日本はアメリカ軍の

支配下に置かれ、

 

各都市では多くの米兵が

行き交う時代でした。

 

ある夜、地元でも有名な

美女(23歳の方)が一人、

 

兵庫県の加古川駅付近を

歩いていた。

 

その時、不幸にも

数人の米兵にレイプされ、

 

その後、殺すにも、

 

苦しみながら死んでいくのを

楽しむため、

 

体の両腕と両足の

付け根の部分に

 

銃弾を叩き込み、

 

道路上に放置したまま

立ち去りました。

 

瀕死の状態で生死を

彷徨っていた時、

 

運良くその場を通りかかった

地元でも有名な医者に発見され、

 

腐敗していた両腕と両足を

切り落とすことを代償に、

 

一命を取り留めました。

 

しかし、自分の美しさに

プライドを持っていた女性は、

 

生きることに希望が持てず、

 

国鉄(当時)加古川線の

鉄橋上へ、

 

車椅子で散歩に

連れられている隙をみて

 

車椅子を倒し、

 

両腕と両足の無い体で

体をよじらせ、

 

鉄橋の上から走って来た列車へ

身投げし自殺しました。

 

警察や国鉄から、

 

多くの人が線路中で

肉片の収集をしましたが、

 

不思議なことに、

 

首から上の部分の肉片は

全く見つからなかった・・・

 

との事です。

 

しかし、

時代が時代だったもので、

 

数日経過すると、

 

その事件を覚えている者は

ほとんど居なくなりました。

 

怪奇事件が起こったのは、

数ヶ月後のある日です。

 

朝は元気だった者が、

 

なぜか変死を遂げるように

なっていきました。

 

それも、

一軒の家庭で起こると、

 

その近所で事件が起こる

といった具合です。

 

警察も本格的に動き出し、

 

事件が起こった家庭への

聞き込みでは、

 

なぜか共通点がありました。

 

それは、

 

死亡者は必ず

死亡日の朝に、

 

「昨日、夜におかしな光を見た」

 

と言うのです。

 

実際に当時の新聞にも

記載された事件であり、

 

加古川市では皆が

パニックになりました。

 

加古川署では

事件対策本部が置かれ、

 

事件解決に本腰が入りました。

 

そこで、ある警察官が、

 

事件が起こった家庭を

地図上で結んでみると、

 

ある事に気が付きました。

 

なんとその曲線は、

 

手足の無い、しかも、

首も無い胴体の形に

 

なりつつあったのです。

 

こうなると当然、

 

次はどの辺りの者が

事件に遭うのか、

 

予測がつきます。

 

そこで、

 

前例にあった「光」を見た者は

警察に届け出るよう、

 

住民に知らせました。

 

やはり、

曲線上の家庭では、

 

光を見たと言って

死んでいきました。

 

しかし実際は、

光ではなかったのです。

 

死者の死亡日の

朝の告白はこうでした。

 

「夜、なぜか突然に

目が覚めました。

 

すると、

微かな光が見え、

 

見ているとそれは

ますます大きな光となります。

 

目を凝らして見ると、

 

何かが光の中で

動いているのが見えます。

 

物体は段々と大きくなり、

こちらへ近づいて来ます。

 

なんとその物体とは、

 

首が無く、

 

両腕と両足も無い

血塗れの胴体が、

 

肩を左右に動かしながら

這って来る『肉片』だった。

 

さらに近づいて来るので、

怖くて目を閉じました」

 

と言うのです。

 

次からも、

その同じ肉片を見た者は、

 

必ず死にました。

 

そこで次は自分だと

予想した男性が、

 

恐ろしさのあまり、

 

加古川市と高砂市(隣の市)

間にある鹿島神社で

 

御祓いをしてもらいました。

 

(鹿島神社・・・地元では受験前などに

多くの人が参拝する神社)

 

すると神社の方は、

 

「暗闇の向こうに、

 

恐ろしい恨みがあなたを

狙っているのが見えます。

 

御祓いで拭い切れない

ほどの恨みです。

 

どうしようもありません・・・。

 

唯一、貴方を守る手段が

あるとするならば、

 

夜、肉片が這って来ても

絶対に目を閉じず、

 

鹿島さん、

鹿島さん、

鹿島さん、

 

と3回叫んで、

この神社の神を呼びなさい」

 

と言われました。

 

その夜、やはり肉片は

這って来ましたが、

 

恐怖に耐え、

必死に目を開いて、

 

『鹿島さん』と3回、

唱えました。

 

すると、

 

肉片はその男性の周りを

ぐるぐる這った後、

 

消えてしまいました。

 

普通なら話はこれで

終わりますが、

 

やはり恨みは非常に強く、

 

その男性が旅へ出ても、

その先にて現れました。

 

その後、

 

その方がどうなったのかは

分かりません。

 

(終)

スポンサーリンク

One Response to “御祓いで拭い切れない恨み”

  1. あれ より:

    兵庫県の加古川駅か、それなら米兵じゃなくて中国人や朝鮮人にした方がリアルだと思う。

    米国人は気質的に「ハンティング」を楽しむタイプが多い。
    文章にある様な拷問とかを楽しむようなのは
    韓国人とかに多いのだ。
    まぁ身分を偽るから米兵って名乗った朝鮮人ってことなら納得する。

    かばうわけじゃなくて
    もちろん米兵も拷問はしたけど、ターゲットは「強そうな奴」が多い。
    例えば、戦争中にたくさん米兵を倒した元日本兵をリンチするとかならよくある。格闘技遊びみたいにしてね。
    女性とか弱い相手をターゲットにするのはアジア人・特に中国とか朝鮮人が多い。

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ