とある大学寮の閉鎖された部屋

ドア

 

これは叔父夫婦が以前に、とある大学の寮で住み込みの仕事をしていた時の話。

 

その寮の2階のど真ん中の部屋(仮に206号室)は、叔父夫婦が雇用された時点で既に“閉鎖”されていた。

 

管理会社に理由を聞くと、「水漏れが酷いので閉鎖している」との説明を受けた。

 

一度、隣の205号室の生徒から「水音がする」と言われたので、マスターキーを使って206号室の扉を開けようとしたが、何故か開けられなかった。

 

管理会社に確認すると、「そこは開けなくていい。水漏れは修理してあるから気のせいだと説明して。それでもダメなら空き部屋に移動して」と言われる始末。

 

その後も水音が続くと言うので、205号室の生徒は他の空き部屋へ移動することになった。

スポンサーリンク

たまにこういうことがある

それからしばらくして、東北での震災があった。

 

その関係で、この寮も耐震工事をすることになり、ついでに大規模リフォームも行われた。

 

数ヶ月の間は近くのマンションで生活をし、工事が終ってから寮に戻った。

 

寮は全面的なリフォームがされていて、綺麗になっていた。

 

全室クローゼットなどの収納が新たに付けられたり、各部屋の扉も重いものから軽いものに変えられていた。

 

ただ、206号室だけは扉もそのままだった。

 

補修に来た業者に聞いてみたところ、「206号室だけ一切手を加えなくていい」と言われたそうだ。

 

業者の人はこうも言った。

 

「あの部屋、何かあったんですかね?たまにあるんですよ、こういうの」

 

どうやら業者の人も事情を知らないようだった。

 

学生の間では、就職が決まらず電車に飛び込んだ生徒の幽霊が出るだの、大学内の三角関係で部屋のベッドで首を掻っ切って死んだ生徒の幽霊だの、色んな噂があるだけで事実は不明。

 

でも、『何か』があって閉鎖されたはずだし、それがよっぽどのことだろうから、リフォームもせず、また誰も入れないのだろうと推測する。

 

業者が言った「たまにこういうことがある」という言葉も地味に怖いが・・・。

 

まさに、触らぬ神に祟りなし。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ