遮断機の無い呪われた踏切で

俺が高校の時の話。

 

毎年夏休みに入ると、

 

甲子園の予選に全校生徒が

応援に行くのが恒例行事だった。

 

学校に集合して、

 

バスで球場に向かうことに

なっていたので、

 

普段と同じ電車に乗って、

学校に向かっていた。

 

田舎なので、線路は田んぼの

中を突っ切っている。

 

順調に走っていたが、

突然「ドン」という音がして、

 

電車が急ブレーキをかけ、

停車した。

 

車掌が慌しく電車から降り、

外の様子を見に行った。

 

事故など滅多に起こらない路線なので、

車内は騒然とした雰囲気になった。

 

俺は友達とボックス席に座って、

何が起こったのかと友達と騒いでいた。

 

すると、

 

窓際に座っている友達の様子が

おかしいことに気が付いた。

 

真っ青な顔をして、

俯いている。

 

「どうした?」

 

「目が合った・・・」

 

「は?」

 

「目、閉じてた・・・」

 

詳しく聞くと、

 

胴体からちぎれた子供の頭が、

窓のすぐそばに飛んで来たという。

 

先程の「ドン」という音は、

子供を撥ねた音だったらしい。

 

その事故があった場所は、

 

近所に住む人しか通らないような

狭い道路で、

 

遮断機も無い、

小さな踏切だった。

 

その踏切には、

嫌な噂があった。

 

数年前、

 

知的障害者がその踏切で

電車に轢かれて死に、

 

その男の霊が踏切に

留まっているらしい、

 

という噂だ。

 

その噂を証明するように、

俺が遭遇した事故の後も、

 

地元の高校生が

電車に轢かれて死んだり、

 

同じ踏切で死亡事故が

何件か続いた。

 

そのいずれの事故にも

共通する点があった。

 

事故の被害者は必ず

友人と一緒にいて、

 

踏切の上で突然、

立ち止まってしまう。

 

友人が「電車が来るから危ないよ」

と声を掛けても、

 

踏切から動こうとせず、

そのまま轢かれてしまうというのだ。

 

まだその踏切には、

遮断機は設置されていない。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ