オムライスが食べられなくなった怖い理由 2/2

オムライス

 

店は周りの飲食店と同じく、

夜10時閉店でした。

 

でもうちの店は酒類のメニューが

ないのもあってか、

 

8時半頃から急に暇になります。

 

9時になると遅番のバイトが一人だけになり、

他のバイトの人は帰ります。

 

木曜の遅番は私でした。

 

掃除をし、

着替えるため裏の小さな控え室に入り、

 

いつものように

縦長のロッカーの鍵を開けました。

 

開けた途端、

何か、ムワッとした臭いがしました。

 

視線を落とし、

私は思わず後退りました。

 

靴を収納するために取り付けられた、

鉄の網の仕切り。

 

そこにべチャッと、

オムライスが乗っていました。

 

私は膝を折り、

それを凝視しました。

 

半熟の卵やムキ海老が、

私の靴の中にまで垂れていました。

 

鍵を掛けているのに・・・

ありえない・・・

 

むかつくとか泣きたいとかの感情はなく、

ただ不安で動揺して、

 

ティッシュで拭き取って片付けると、

すぐに私は帰りました。

 

そして次の木曜日。

 

私は夕方6時になるまで

ずっとビクビクしていましたが、

 

お爺さんはその日、

店を訪れませんでした。

 

厨房やバイトのみんなは、

 

「身体の具合でも悪くしたのかな」

 

と心配しているようでしたが、

私はホッとしました。

 

そして閉店。

 

着替えに行った私は、

恐る恐るロッカーを開けました。

 

また生臭いムワッとした臭いが

たちこめました。

 

そして、

靴の上の仕切りにオムライス・・・

 

しばらく呆然としてそれを見ていましたが、

 

厨房へ行き、

一人残ってタバコを吸っていた調理係りの人に、

 

「すいません。

ちょっと来てほしいんですけど・・・」

 

と呼びかけました。

 

「どうしたの?」

 

「あの、ちょっと見てもらえますか?」

 

とロッカーへ連れて行き、

扉を開け、

 

そして私は驚いて叫びました。

 

「うそっ?!無い!」

 

跡形も無く、

オムライスが消えていたのです。

 

靴にも何もかかった形跡が無く、

臭いもなくなっている。

 

「えっ、何?」

 

調理係りの人に言われ、

私はとっさに、

 

「虫がいたと思ったんですけど、

気のせいでした。ごめんなさい」

 

と言いました。

 

「そう?じゃあ一応

ホウ酸団子置いとく?」

 

調理係りの人は訝しげに私を見ると、

厨房へ戻りました。

 

帰り道、

 

私は自分を納得させようと、

必死で考えていました。

 

確かにオムライスがあった。

 

べチャッと崩れた形。

 

時間の経った卵の臭い。

 

この前は拭き取っても靴がベタベタして、

次の日になってもまだ臭いがしていた。

 

でも今、靴はなんともない。

 

臭いも全然・・・

 

考えれば考えるほど

わからなくなった私は、

 

バイトで一番仲のいい人に、

もう0時近かったのですが電話しました。

 

そして全部話しました。

 

その人はずっと相槌を打ちながら

聞いていたのですが、

 

私が話し終えると素っ気なく、

 

「・・・意味わかんないんだけど」

 

と呟きました。

 

それは親身になってくれないとかの

次元ではなく、

 

「あんた、おかしいんじゃないの?」

 

と思っているような声でした。

 

その後、

 

シフトを木曜から金曜に変えてもらい、

もうおかしな事もなくなったのですが・・・

 

仲の良かった人が私のした話を、

 

「あの子ヤバイ」

 

というニュアンスで、

他のバイトの人に話してしまいました。

 

それと同時に、

お爺さんはもう店に来なくなりました。

 

お爺さんに好感を持っていたみんなは、

なんとなく私を冷たい目で見るようになり、

 

居づらくなってバイトを辞めてしまいました。

 

今となっては、

 

私が見たのは本当だったのか、

自信がありません。

 

あの人の言うとおり、

自分でも意味がわかりません。

 

でも、

 

あのべチャッとした感覚と臭いだけが、

記憶に焼きついて離れないのです。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ