お宮参りを翌日に控えた赤ちゃんが

ドア

 

これは、姉の家に泊まった時の話。

 

次の日が姉の初めての子供、将君のお宮参りだった。※お宮参り=赤ちゃんの健やかな成長や長寿を祈る行事で一般的には生後1ヵ月で行われる

 

俺は仕事で遅くなったので、姉の家に着いたのが23時頃だったと思う。

 

もうすっかり寝てしまっていたから悪いなと思って、俺もすぐに床に就いた。

 

そして夜中に尿意で起きてトイレに向かうと、そこに何かいる。

 

最初は猫かな?と思ったが、そこにいたのは将君だった

 

俺は思わず「オシッコがしたいの?」と聞いた。

 

そしたら「うん」と言う。

 

なのでオムツを外してオシッコをさせた。

 

用が終わると姉の部屋に将君を連れていき、布団に入れた。

 

ただ、俺も自分の布団に入った時に「…ん?」となった。

 

確かに多少は眠気眼だったが、意識ははっきりしていた。

 

その違和感に気づいた時、少し怖くなってきた。

 

そうこう考えているうちに、俺の部屋の扉を擦る音がし始める。

 

そして小さな声で「あけてよ」、「あそぼうよ」と言う声がする。

 

当然、俺はパニックに。

 

トイレに行った時、もう少し冷静だったらちゃんと考えられた。

 

翌日にお宮参りする赤ちゃんが立てるわけがない、喋れるわけがない、と。

 

しばらくガサガサという音や小さな声は続いたが、「また明日ね」と言うと、「やくそくだよ」と返事がしたのを最後に、声も音も止んだ。

 

結局、俺は朝6時頃に逃げるように「急に仕事が入ってさあ…」と言って出て行ってしまった。

 

それきり姉の家には今のところ行っていない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年3月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ