不吉な夢の中での行動

バス停

 

なんだかよく分からないが、

不吉に感じる夢を見た。

 

その夢の中で歩いていると、

バス停があった。

 

男の人が一人座っていたので、

一人分くらいスペースを空けて隣に座る。

 

すると、次にやって来た女の人が、

そのスペースに座ってきた。

 

そして、その女の人に

何故かコーヒーを勧められるが、

 

断る。

 

しばらくすると、

 

コンビニの袋を持ったおじいさんが来たので、

少し詰めて隣に座らせる。

 

おじいさんは袋からコーヒーを取り出し、

何故か俺に勧めてきたが、

 

再び断る。

 

しばらくすると、

俺はウトウトとしてくる。

 

隣にいる女の人に寄り掛かって、

寝てしまったようだ。

 

ここで目が覚めたのだが、

まだ終わらない。

 

とりあえず起き上がって

部屋を出ようとするのだが、

 

フラフラして上手く歩けない。

 

ふいに瞬きをすると、

またいつの間にかベッドに寝ている。

 

起き上がって瞬きをすると、

ベッドに寝ている。

 

この行為を三回くらい繰り返してから、

まぶたを指で開きながら起き上がったが、

 

何か凄まじい力で目が閉められ、

またベッドに。

 

なんだか、やたらと眠い。

 

このまま寝てしまおうかと思い、

諦めそうになった時に気付いた。

 

さっきの夢の中の人たちは、

間違いなく男と女だったはずだが、

 

顔が全く思い出せない。

 

それに対して、

おじいさんの顔ははっきりと覚えている。

 

そして僕が夢から覚める直前に、

おじいさんの顔も見えなくなった。

 

幽霊は顔がはっきりしない、

という話を聞いたことを思い出した。

 

もしかして、

 

あそこは生と死の狭間だったんじゃないか、

という気がしてきた。

 

これは、いやがおうにも起きないとマズイ

と思った僕は、

 

とりあえず何かを叫びながら

必死で跳ね起き、

 

走り回って眠気を覚ました。

 

今それについて書きながら、

気が付いたことがある。

 

僕は夢の中で眠ることで、

現実に戻って来れた。

 

夢の中でおじいさんや女の人が、

やたら僕にコーヒーを勧めてきたのは、

 

夢の中で眠れないようにするため・・・

だったのかも知れない。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ