一家心中を選んだ両親の想い

親子の影

 

ある一家が突然心中した。

 

夫婦と小学校三年の娘の三人家族。

 

動機は全く不明。

 

周囲からはとても仲の良い

幸せな家庭と見られていて、

 

何の問題もなさそうだった。

 

死因は『睡眠薬』による中毒死。

 

妻が不眠を訴えて通院し、

その度に薬を溜め込んでいた。

 

娘には抵抗した様子はなかった。

スポンサーリンク

娘の望みは叶ったのか・・・

死ぬ数時間前、

なぜか家中が破壊し尽くされていた。

 

夫がホームセンターで買い込んだ、

斧やノコギリ、電動カッターなどによって。

 

壁、床、窓、屋根、家具、衣類など、

細々とした物品に至るまで徹底的に。

 

家族の写真が貼られたアルバムは、

一冊残らず執拗なまでに切り刻まれていた。

 

娘の部屋も例外ではなかった。

 

三人共に白い軍手をした形跡があったことや

指紋の付着跡などから、

 

どうやら娘も破壊を手伝ったようだった。

 

遺書などは発見されず、

状況が不可解なこともあり、

 

遺族は警察に他殺の可能性を訴えたが、

捜査の結果は『一家心中』と断定された。

 

検死の結果、

最後に息絶えたのは父親だった。

 

妻の両親は死の数週間前に

一家が訪ねて来た際、

 

夫がこんな言葉をポツリと漏らすのを

聞いていた。

 

「私たちにはもう、娘が全てです。

 

あの子の望みなら、

何でも叶えてやろうと思っています」

 

その時の表情はいたって穏やかで、

思い詰めた様子などは微塵もなかったという。

 

また、娘の小学校の担任教師は、

同じく数週間前のある日、

 

娘が教室で突然「目が見えなくなった」

と言い出し、

 

周りの生徒も騒ぎ始めたので話を訊くと、

見えなくなった”フリ”をしていただけだった。

 

なぜそんな悪ふざけをするのか

問いただしたところ、

 

「でも先生、本当は・・・

本当に見えないんです。

 

お父さんもお母さんも見えないんです」

 

と意味不明な答えを返したという。

 

これらの証言が心中と関係があるのかは、

現在でも不明のままである。

 

(終)

スポンサーリンク

One Response to “一家心中を選んだ両親の想い”

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ