目薬が睡眠薬に

目薬には睡眠薬としての成分が

含まれているので、

取扱いには注意が必要だ。

 

バーで好きな女性が

トイレや電話で席を立ったときに、

懐から取り出した目薬を

彼女の飲んでいたお酒に

ポタリポタリと垂らしてしまえば・・・。

 

結論から言うと、

目薬は睡眠薬代わりにはならない。

 

酒と目薬の話題で問題になったのは、

スコポラミンという物質。

 

これは、散瞳薬に分類される。

 

散瞳薬もいろいろな種類の薬物に分類されるが、

この中でもスコポラミンは脳に移行して、

眠気を引きおこす副作用が強い。

 

このせいで、酒と一緒に

目薬(スコポラミン)を摂取すると、

眠気が倍増したように感じられてしまうようだ。

 

しかし、この物質が

目薬の成分に用いられていたのは、

かなり昔の話。

 

今の目薬にスコポラミンは

用いられていない。

 

つまり、酒に市販の目薬を

混入したからといって、

昔の漫画で言われているような効果は出ない。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ