良いことばかり起きる不思議なタクシー

タクシー

 

これは、あるタクシーにまつわる不思議な体験談です。

 

私はタクシーの運転手をしております。

 

個人ではなくまとまりの会社ですが、大体の皆様がいつも同じナンバーのタクシーで営業に行きます。

 

私が入社したてのある日、私のお気に入りのナンバーのタクシーが車検の為ありませんでした。

 

代わりに出されたのが、会社のガレージの隅にある、今は化石といわれるミッション車仕様のタクシーです。

 

ですが、ナビは私のお気に入りと同じでほっとしました。

 

さて、ここからです。

スポンサーリンク

オヤジのタクシー

不思議なことに、その日はお客様が入れ食いでウハウハなのですが、ナビの案内と車の調子がおかしいんです。

 

悪い意味でなく、良い意味で

 

例えば、ディズニーランドへ行くのに渋滞なしでも1時間かかる道が45分で着いたり(自分の知らない道順で案内され従った結果)、急にエンストしたと思ったら子供が飛び出してきたり(いつもの調子なら間違いなく轢いていた)、という具合。

 

明らかにおかしいので上司に相談したところ、あるところに連れて行かれました。

 

そこは、この会社に貢献した人の写真が飾られていました。

 

ありました、白髪の老紳士とあのタクシーが。

 

そして上司がこんな話をしてくれました。

// ここから上司の話 //

今日、お前が乗ったタクシーはオヤジ(あだ名)が使っていたやつなんだ。

 

何でも、そのオヤジさんは普通二種を取ってすぐにこの会社に入った人物。

 

まだナビも普及されていない中、その人の指示通り行くと渋滞なし、もしくは渋滞ありでもすぐに着く道順を作ってくれたとか。

 

いつもAMラジオと天気予報、地図帳でその日のベストなルートを作る天才。

 

さらに運転も上手く、名指しで指名がくるほど。

 

定年になり、その頃からナビが普及し始めたが、当時の社長さんが再雇用枠でまた雇用した。

 

いくらナビが付いても、その人のルートには敵わないからだ。

 

そして指名が入るから。

 

ある年、社長が配置換えされ、別の人物が就いた。

 

その人は、ナビもあるのにオヤジに頼る社員へのムカツキと、自分に懐かない社員へのムカツキで、オヤジをあっさり解雇。

 

これで自分に目がいくだろうと思ったが、正反対だった。

 

徐々に会社は衰退し、それと同時に前社長が戻ってきた。

 

オヤジが愛用していた地図帳を元にルート作りをし、なんとか以前ほどになった。

 

社長が菓子折りを持ってオヤジの家に行こうと考えた時、一通の手紙が届いた。

 

亡くなったのだ、オヤジが。

 

それから、オヤジが愛用していたタクシーに変化が起きた。

 

ナビの件しかり、エンストの件しかり、防犯機能を付けていないのに他のタクシーを泥しようとするとクラクションが鳴り響く、といった具合。

 

『オヤジありがとう』と感謝の意味を込めて、未だにそのタクシーを残してあるんだとか。

// 上司の話ここまで //

あれから数年経っても、そのタクシーはあります。

 

知人にこの話をすると「釣りだろ(笑)」とよく言われますが、本当に不思議なことが起きるんです。

 

ただ、もう乗る人がいないので、今はナンバー無しで保管してあります。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ