ウネウネした黒く細長いもの

鳥居

 

俺は秋田県に住んでいる。

 

友達の家に遊びに行った時、

外から年寄りの悲鳴が聞こえたんだ。

 

その時に一緒にいたのは、

その家の友達Fと他にH。

 

三人で野次馬根性をだして、

外に出てみた。

 

すると、

 

Fの家の向かいに住む爺さんが

凄い形相で走ってきて、

 

自分の家に駆け込んでいく。

 

ちょっと怖くなったけれど

好奇心が勝った俺たちは、

 

爺さんが逃げて来た方に行ってみた。

スポンサーリンク

三人が見たものとは、そして・・・

でもそっちには田んぼだけで、

 

見晴らしも良く、

何もおかしいところがない。

 

「熊でも出た?」

 

Hが茶化すように言った。

 

納得いかない俺とFは、

何度も周りを見渡す。

 

すると、

 

小山の上にある鳥居の近くで、

黒く細長い何かが動いている。

 

俺は気にしなかったが、

Fは妙に気になったみたいで、

 

「なんだ、あのウネウネ?」

 

指を差して言った。

 

Hも目を細めて見ている。

 

「ウネウネしてるな・・・蚊柱?」

 

そこまで言った時、

Fの婆さんが走ってやって来て、

 

「こっちさ、け!」(こっちこい)

 

と叫んでいる。

 

「やみ!やみ!」

 

これはよく分からなかったけれど、

とにかく戻った。

 

すると、

いきなり水をかけられた。

 

怒るFに、

きょとんとする俺とH。

 

「おめたづ、はよけーれ!」

 

婆さんは真っ青になりながら、

背中を押してきた。

 

「けぇたら、水かぶれ!

今日は米くな!」

 

帰る途中にHと話して、

とりあえず従うことに。

 

次の日、

Fから電話がかかって来た。

 

向かいの爺さんが、

車庫で首を吊って死んでいたらしい。

 

俺が知っているのはここまで。

 

正体も何も分からなかったけれど、

最近クネクネの話を知って再び怖くなった。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ