身体が不自由になった怪奇な理由

線路

 

これは兄から聞いた話です。

 

兄の会社の子会社には、

身体の不自由な方(以下A)がいます。

 

結婚されていてお子さんもいるそうです。

 

とても陽気な方らしいのですが、

 

偶然なにかの拍子で、

Aさんの身体の話になったそうなんです。

 

あ、まずいなぁと兄は思ったそうですが、

 

そこで話を変えたり、

聞かない方が失礼になると思い、

 

そのまま話を続けることに・・・

スポンサーリンク

Aさんは何かに取り憑かれていたのか?

A「俺のこれ、左手と首の水晶な。

男のくせに似合わないって思ってんベ?」

 

Aさんはそれを仕事中も外さず、

兄も宗教関連か何かかと思っていて、

 

それも話題として避けていたらしい。

 

これはいよいよ勧誘か?

と身構えた時・・・

 

A「俺な、10代で学生結婚なんだ。

大学行ってたんだけどな」

 

結婚してからも合コンに参加するほど

チャラい人だったそうだが、

 

浮気は誓ってなかったらしい。

 

そんなある日のこと。

 

Aさんはいつものように友人と飲んで、

終電後に別れて線路沿いの道を歩いていた。

 

車が通れないぐらい小さい踏切を

横目で見た瞬間、

 

くらりと眩暈(めまい)を感じ、

気づいたら線路の上に立っていた。

 

真っ暗だったはずの空が、

薄っすらと明るい。

 

(朝か?寝てた?立ったままで?)

 

カンカンカンと警報機が鳴っている。

 

(始発か?どかねぇと・・・)

 

(動けねぇ・・・あ、電車来た・・・)

 

A「次に気づいたら病院で、

片足と手の指が何本か無かった」

 

一生懸命に逃げようとしたが、

 

線路の真ん中で片足と片手が捕まれていて

逃げられなかったんだ、

 

と笑いながら話したそうだ。

 

A「さすがにお祓いに行った。

 

訳わかんないけど、

立ったまま寝るわけないし、

 

酔いも醒めてたのにおかしいだろ?」

 

その時点で何かは見えないが、

生命の危険をぼんやりと感じたらしい。

 

お祓いをしてくれた坊さんが言った言葉も

不気味だったという。

 

『女性の方があなたの足と手の指を

三本持っていますね』

 

Aさんは包帯ぐるぐる巻きだったので、

怪我したのが左手までは見て分かるが、

 

ギプスで隠れていた失った指の本数までは

分からないはずなのに当てられた。

 

それまで他人事のように感じていた事が、

やっとリアルに感じられてゾッとしたそうだ。

 

今では自分でも信じられないと言うが、

 

意識を取り戻して足や手が不自由に

なったというのにショックすらなく、

 

妻や親が泣くのを不思議にすら思ったらしい。

 

酔っ払って寝ていたのか?自殺か?

と問い詰められたりしたそうだが、

 

線路に立っていただけだ、

としか言えなかった。

 

A「たぶん、まだ取り憑かれていたんだろう」

 

それからは坊さんに貰った水晶を

肌身から外さないようにして、

 

毎年お祓いと水晶の交換をしている、

と話したそうだ。

 

不自由になった自分の身体の事で

冗談は言わないと思いますが、

 

その時は酒が入っていたというので、

真偽は分かりません。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ