気付くと会えなくなっていた友人

本屋

 

先輩と仕事場に二人で泊まり込んでいた日、休憩中にその先輩が聞かせてくれた話。

 

先輩いわく、「友人に会えなくなった」と。

 

最初は単に仕事が忙しいからなんじゃないのか?と思ったが、どうやら違うらしい。

 

事は、先輩が専門学校に通っていた頃から始まる。

スポンサーリンク

友人は一体どこに居るのか?

ある日、高校の頃から仲の良かった友人から、「バイトを始める事にした」という電話が来た。

 

それで、「良いバイトだから一緒にやってみないか?」と、先輩にもバイトを勧めたらしい。

 

毎日課題で忙しかった先輩は、「一緒には出来ない」と先に断りつつも、その友人の楽しそうな声から、どんな場所なのか気になって、好奇心で面接に付いていく事になった。

 

当日、友人と待ち合わせた後、先導してもらいながら一緒にそのバイト先へ行った。

 

見慣れた街を進みつつ、幾つかあまり知らない道も通ったけれど、頭の中の地図では大体の場所は把握出来ていた。

 

20分ほど歩いたところで友人が立ち止まり、「あの店だよ!」と前方を指差す。

 

その方向にあったのは、目立たない古本屋の看板だった。

 

友人が「面接に来ました」と店内に入っていくのを見送ってから、先輩は店頭に置いてあるワゴンの文庫を物色して時間を潰していた。

 

ふと店のガラス戸に目をやると、『パート・アルバイト募集』の張り紙があった。

 

こういう店でもちゃんと募集ってあるものなんだなと思い、特に気にはしなかったらしい。

 

その日はそれから、友人と店でのバイトについて話しながら帰路についたそうだ。

 

数日後、休日に友人が「バイトに受かったから今日から働いてるぜ!なんか買っていってくれよ」と電話をかけてきた。

 

先輩はやる事もなかったから、とりあえず財布を持って以前通った道を辿って古本屋に向かった。

 

ところが、店があった場所は民家になっていた。

 

最初は道を間違えたんだと思って、少し戻ってから周囲を探したけれど無い。

 

先輩は意を決して、古本屋があったと思われる場所にある家を訪ねて、この辺りに古本屋がないか訊いてみたらしい。

 

「この辺りじゃ、駅前の方に行かないと無い」

 

そう言われて、もう訳が分からなくなったそうだ。

 

その後、その友人から電話はかかってくるし、年始には年賀状も届くのに、何故か一度も顔を合わせていないらしい。

 

そして、そのまま少しずつ疎遠になり、今では携帯も通じなくなってしまったそうだ。

 

それから数年が経った頃、高校の同窓会の連絡が来た。

 

懐かしい事もあったし、もしかしたらあの友人に会えるかも知れないと思い、二つ返事で参加した。

 

会場に着くと、旧友の懐かしい顔が並んでいた。

 

でも、一通り見回してみたけれど、あの友人がいない。

 

幹事だったクラスメートに、「○○は来ないのか?」と訊いてみた。

 

すると、「ん?お前、何言ってるんだ?あそこで普通に飲んでるじゃん」と、全く違うクラスメートを指差していたそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ