その石に抱き付いていると病が治る

大きな石

 

これは、知り合いから聞いた不思議な『石』の話。

 

彼の地元の寺社跡に、変わった石があるのだという。

 

なんでも、子供ほどの大きさがあるそれに抱き付いていると病が治る、のだと。

 

言い伝えによれば、昔その山には鬼がいて、人を獲っては喰らっていたと言われる。

 

何故かこの鬼が襲うのは病人ばかりで、特にその患部を好んで食していたらしい。

 

やがて鬼は死んだ。

 

徳の高いお坊さんに折伏されたとも、ただの自然死だったともされ、詳細ははっきりしない。※折伏(しゃくぶく)=悪人・悪法を打ち砕き、迷いを覚まさせること

 

鬼の骸は石へと転じ、その山にある寺に置かれた。

 

これがその石の由来で、『御抱え石』などと呼ばれている。

 

「鬼の奴、石になってもまだ喰い足りないのかな。

 

いや俺は抱き付いたことはないよ。

 

健康な者が抱き付いたら、どこ喰われるかわかったモンじゃないだろ」

 

酒を飲みながら、彼はそんな話を聞かせてくれた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ